学べる倉庫見学会開催中!

物流倉庫アウトソーシング「委託型配送センター代行サービス」

こんな物流課題・悩みを解決いたします

自社物流の課題・悩み

  1. 出荷量の波動に対応できる人数がいない。
  2. 人がスグ辞める・人手不足。
  3. 入荷した商品を受け入れる場所がない・慢性的保管場所不足。
  4. コンテナ入荷が受けられない。
  5. 卸出荷主体のシステムだと細かい対応ができない。
  6. 在庫管理ミスや誤出荷が頻発する。
  7. リードタイムが短縮できない。
  8. 特定の人にしかできない業務ばかりになっている。

他社で物流アウトソーシングされている方の課題・悩み

  1. 1日に出荷できる量が少ない。
  2. 改善の要望をしても直してくれない。
  3. 入荷から出荷までに時間がかかりすぎる。
  4. 在庫管理ミスや誤出荷が頻発する。
  5. 報告が少ない。
  6. 無理を一切聞いてくれない。
  7. 新しいお願いをすると嫌な顔をする。

  • ポイント1
    ライバル店に負けないスピード感を実現

    仕入れた商品を少しでも早く出荷したい!ライバル店より早く販売したい!売れれば売れるほど出てくるお悩み。当社にご相談頂く中でも数が多いです。販売を加速するためにお客様と一丸となって課題に立ち向かいます。

  • ポイント2
    関通独自開発のWMSで在庫管理の課題を解決

    売れる。仕入れる。出荷する。出入りの頻度と量が増えれば増えるほど難しさ、複雑さを増す在庫管理。重要な課題を解決するため全力で解決へと導きます。

  • ポイント3
    キャパシティオーバーにもしっかり対応

    売れ行きが好調!でも手放しに喜べない。出荷が増えているのに物流が追いつかない。アウトソーシングをしているのに、出荷増に対応してくれない。そのようなお悩みを私たちはご一緒に解決いたします。

  • ポイント4
    量が増えても早く正確に安定した物流を実現

    出荷が増えれば誤出荷は増える?いいえ、それはイコールではありません。いかに物流を仕組化できるか、高度化できるか、ここが勝負です。品質を保つ為の答えは現場とシステムにありました。

コンテンツリンク

お客様インタビュー
お問い合わせはコチラ

あなたにオススメのサービスはこちら

「関通公式メールマガジン」登録