学べる倉庫見学会開催中!

物流をロボットと人で変えていく
Robot
×
Human

  • WMSとRPAを掛け合わした帳票発行の自動化を実現

  • ”日本初” inVia Roboticsとの導入における基本合意を締結

  • ロボットと人のハイブリッド組織を実現する「BizRobo! Basic」へ乗り換え

  • 物流をロボット・マテハン・システムでさらなる改善へと導きます。

    仕分けシステムやWMSはもちろん、運搬効率化、ピッキング効率化を実現するためのソリューションをご紹介。
    物流企業としてさらなるお客様満足度向上のために、ロボットと人が融合した新しい物流現場の構築を行っています。
    また、各種のマテハンやロボットの導入や運用のノウハウをご提案いたします。

    お困りごと・お悩みごとから探す

    お問合せはこちら

    庫内の保管場所が足りない

    • 高層中量ラック

      上部空間の有効活用 高層中量ラック

    学べる倉庫見学会

    機器・システムから探す

    年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

    今スグ登録

    WMS(倉庫管理システム)|クラウドトーマス

    クラウドトーマス

    WMS(=在庫管理システムまたは倉庫管理システム)は、様々な物流倉庫、また在庫をお持ちの企業様の現場で使われています。入庫管理、在庫管理、出庫管理、棚卸管理、マスタ管理などをデジタル化でき、物流品質や生産性UPにつながるシステムとなっております。
    株式会社関通では30年の知恵とノウハウを詰め込んだWMS(倉庫管理システム)。システム会社にはできない物流会社だからこそ実現できる改善が、このクラウドトーマスには詰まっています。

    仕分けシステム|ゲートアソートシステム

    仕分けシステム(アソートシステム・Assort System)とは、ピース、もしくはSKU単位の商品を送り先別などに仕分ける作業のムダを無くし、効率化させるシステムです。従来では、ベルトコンベアーなどで仕分けされるものがありますが、昨今では、ハンディーターミナルとシステム連携により、仕分け先毎に商品を投入する仕分けシステムもあります。

    詳しくはこちら
  • 記事がありません。

  • RFID

    ICタグがあることで、開梱せずに商品の入荷検品を完了させることが可能になり、作業時間を大幅に削減させます。
    それ以外にも棚卸しや、商品捜索などの場面で効果を発揮します。

  • RFIDで生産性アップ|RFIDの導入で【16倍】の処理量を実現!

  • PaLS

    PaLs(Paking and Labeling System)とは、自動梱包機と送り状貼り付けシステムが一体化した物流ロボットで、従来の手作業で行っていた梱包や送り状の貼り付け作業の完全自動化

  • 自動梱包機【PaLs】を導入!さらなるサービス向上を目指して!

  • ハイピックランナー

    ハイピックランナー

    3.2メートルの高さまで上昇が可能なハイピックランナー。ネステナーなどの高所での直接ピックを可能とし、フォークリフトの免許は必要なく、誰でもその場で操作が可能となる。

  • ハイピックランナーとは?高いところに直接手が届く!安全で作業効率の良いピッキングマシン!

  • キャリーサイクル

    キャリーサイクル

    キャリーサイクル(Carry Cycle)とは、倉庫内の荷物運搬に使用される自動立ち乗りサイクリングカートのことです。
    最大時速13Kmまで出力し、小回りがきく為、自転車感覚で簡単に操縦でき、広い倉庫での貨物や道具の運搬に最適な運搬機です。

  • Carry Cycle(キャリーサイクル)導入で生産性アップ!【2倍以上】の時間短縮に成功!

  • RPA

    事務処理を自動化することで、作業に集中し生産性を格段に向上させます。
    データ作成の自動化などで、現場でのPC作業はほぼ0に。

  • WMSとRPAを掛け合わした帳票発行の自動化を実現

  • ロボットと人のハイブリッド組織を実現する「BizRobo! Basic」へ乗り換え

  • 早稲田大学との物流現場での産学連携を行っています

  • 2019.09.05 早稲田大学様向け倉庫見学会を実施

  • 2019.07.17 早稲田大学にて関通が登壇

  • 2019.06.29 早稲田大学吉本教授によるセミナーを社内にて開催

  • 2019.05.16 早稲田大学×株式会社関通新プロジェクト始動!!!

  • UTM(マレーシア工科大学)との取り組み

  • ”日本初” inVia Roboticsとの導入における基本合意を締結

  • マレーシア日本国際工科院との産学連携における取り組みとして、同大学構内にて研究機関を開設

  • 2019.06.19-20 マレーシアとの取り組みがスタート

  • 最先端の物流が見学できるセミナー

    学べる倉庫見学会

    あなたにオススメのサービス

    「関通公式メールマガジン」登録