在庫管理について

在庫差異がもたらす問題を、お客様と一丸となって解決へと導きます

自社物流・他社アウトソーシングで、在庫差異は発生していませんか?
在庫差異が引き起こす問題は決して侮れません。
在庫がある商品だと思い込み注文受付後に欠品に気づいたり、
在庫がない商品だと思い込み不要な仕入をおこなってしまったり…
結果、売上やお客様満足度を低下させる事に繋がってしまいます。

在庫差異を発生させてしまう原因

  1. 入庫時の数量間違い
  2. 入庫時の商品間違い
  3. 入荷商品に間違いが多い
  4. 誤出荷
  5. 返品入庫漏れ
  6. 記録をしない商品の持ち出し
  7. 不良品の出庫漏れ
  8. 決められた場所がない
  9. 違う場所に戻す
  10. etc…
  11. 多くの原因は入庫時と出庫時にあり、その多くはルールと記録が無いことに起因します。

関通は4つの柱で在庫管理の精度を強化し原因を断ちます

関通の最高レベル品質の現場では、2014年、2016年に「7PPM」を達成

PPM(パーツパーミリオン)とは、100万分のいくらであるかという割合を示す指標で、物流業界では誤出荷や物流クレームの発生率を表す時に使われます。物流業界ではメーカーの完全オートメーション配送センターでは10PPM、アナログ配送センターでは300PPMが限界という説があります。

お客様インタビュー

コンテンツリンク

あなたにオススメのサービスはこちら

「関通公式メールマガジン」登録