戻る

出荷増大キャパシティー(物流倉庫アウトソーシング)

キャパシティオーバーでお困りなら関通にご相談ください

自社物流でも、アウトソーシングでも、キャパシティオーバーをいかに超えていけるかが大切です。

キャパーシティーオーバーが引き起こす販売に影響する問題

    1. 誤出荷
    2. クレーム
    3. 返品
    4. 出荷遅延
    5. 欠品
    6. 拡販ストップ
    7. 人手不足
    8. etc…

自社物流でキャパシティを超えると…

  1. 出荷が追い付かなくなる
  2. 誤出荷が増える
  3. 売れているのに出荷できない
  4. せっかく掴んだお客様を逃してしまう
  5. 在庫管理ができず、各所で支障が出始める
  6. クレーム対応に使う時間が増える
  7. 営業マンの作業量が増え拡販が止まる
  8. 従業員の残業が増える
  9. 従業員がやめてしまう
  10. 専門知識をもった人しか現場作業ができない
  11. etc…

委託先倉庫でキャパシティを超えると…

  1. 出荷が追い付かなくなる
  2. 売れているのに出荷できない
  3. 出荷数量制限がされる
  4. 出荷が大幅に遅れキャンセルが増える
  5. 改善要望してもフィードバックがなくなる
  6. 拡販のためにやりたいことが実現できない
  7. 誤出荷が増える
  8. 出荷が遅れ、延着が増える
  9. 確認や報告へのレスポンスが遅くなる
  10. クレーム対応に使う時間が増える
  11. etc…

量に対応するには、経験で培った「ノウハウ」が必要です。
関通は成長するお客様のために余すところなく「ノウハウ」をご提供いたします。

  • 東大阪500名のスタッフで対応
  • 自社開発のシステムをお客様の声で進化
  • 2km圏内の物流拠点で波動に対応
  • 月1ミーティングで継続的改善
  • 現場の作業を簡単にする技術
お客様インタビュー

コンテンツリンク

あなたにオススメのサービスはこちら

「関通公式メールマガジン」登録