物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

3温度帯

3温度帯

3温度帯とは?

一般的に常温冷蔵冷凍に分かれており、物流において輸配送や保管時に温度を指定するのに使用されるものです。

温度の区分や呼び方に多少の誤差はありますが、3温度帯では、一般的には常温(ドライ)は10~15℃冷蔵(チルド)は5~マイナス5℃冷凍(フローズン)はマイナス15℃以下と区別されています。

今回は3温度帯の温度基準や、使用する倉庫の種類についてご説明します。

3温度帯の温度基準

倉庫保管において、生鮮食品は特に厳密な温度管理が必要であり、適切な温度範囲が決まっています。
そのため、食品物流では、3温度帯をさらに細分化することもあります。

代表的な分類は以下の通りです。

加温:20℃以上
常温:10℃~20℃(夏場の高温期に限り定温といわれます)
冷蔵・チルド:5℃~マイナス5℃
氷温:0℃~マイナス3℃
パーシャル:マイナス3℃(鮮魚類)

さらに専門的にみると、倉庫業法という法に基づいてさらに細かく規定されています。

C3級:0~10℃
C2級:0~マイナス10℃
C1級:マイナス10~マイナス20℃
調理用冷凍食品:マイナス18℃
F1級:マイナス20~マイナス30℃
F2級:マイナス30〜マイナス40℃
超冷凍・F3級:マイナス40~マイナス50℃
F4級:マイナス50℃以下

温度帯ごとの使用倉庫

【常温(ドライ)】
一般的によくある物流倉庫がこの常温倉庫に当たります。
倉庫内の温度設定が特に調節されていない倉庫のため、季節によって温度差があり、湿度も圧は高く、冬は乾燥しやすい場合が多いです。
その代わり、温度管理がないため比較的安価に預けることが出来、倉庫数も多いため大小様々な倉庫があります。

【冷蔵(チルド)】
主に生鮮食品を保管する物流倉庫で、特殊倉庫に分類されます。

【冷凍(フローズン)】
主に冷凍食品など、長期保存や鮮度が重要なものを保管する際に使用されます。
また、冷凍の物流倉庫は少なく、倉庫の空きが少ないところが多いのが現状です。

まとめ

今回は3温度帯についてご紹介しました。

3温度帯は商品の管理温度を常温・冷蔵・冷凍に区分したもので、厳密な温度管理が必要な食品については、さらに細かい分類があります。

3温度帯は食品を扱う企業様にとっては特に重要な用語となってきます。自社の商品に適した管理温度をしっかり把握するようにしましょう。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録