5Sとは

5Sとは

5Sとは

5Sとは

職場の環境を整えるための活動での5つの要素「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seisou)」「清潔(Seiketsu)」「しつけ(Shitsuke)」の頭文字をとって5Sといいます。
主にサービス業や製造業などで導入されています。
特に従業員数の多い企業でのムダ取りやミスを軽減し、業務効率化を図るために取り組まれています。

■整理

不必要なものを取り除くこと。
無駄なもの、不要なものを処分すること。
乱れた状態にあるもの整えて、きちんとすること。
秩序を整えること。
いるものといらないものを分けて、いらないものを処分する。
という意味があります。

■整頓

散らかり乱れている物を、きちんとかたづけること。また、そうして整った状態になること。
必要なものをいつでも誰でも取り出せるよう、秩序だてて配置し、使いやすくすることを指します。

■清掃

さっぱりと払い除くこと。きれいに掃除すること。
ただ単に掃除するのではなく、「きれいに掃除する」というのが清掃の意味です。きれいに掃除をすることでいつでも使える、作業しやすくするという意図があります。

■清潔

汚れがないこと。衛生的であること。
上記の「整理・整頓・清掃」の3Sを維持していくためにルール決めし、キープできている状態を言います。

■躾(しつけ)

一般的に人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞いができるように訓練することで、教育の一種を意味します。
5S活動における躾とは「整理・整頓・清掃」の3Sを行い、その状態を保つために、ルール決めをし、習慣化することです。

物流での5S

物流での5S

ここでは物流センターの業務で守るべき5Sをご説明します。

■整理

不良品・廃盤になった商品などを長い間放置せず、不要な物は適切な処理を行い、配送センター内に無駄なスペースができないように徹底することを心がけます。不要な商品は、スペースの無駄に加え、商品の取り違い、火事や事故の原因になります。

■整頓

棚商品、粘着テープや梱包エリアのダンボール箱は使いやすくまとめておくことが重要です。必要なものを即座に使える状態にすることで作業効率アップに繋がります。また、棚商品をあらかじめ整理しておくことで入庫間違いなども発見でき、誤発送防止にも繋がります。

■清掃

敷地や物流センター内の清掃は当然のことですが、敷地外の清掃も徹底します。物流センターは、終始配送用トラックの出入りがあり、周りが住宅街の場合は排気ガスや騒音、それに伴う汚れやゴミが周りに迷惑をかけている場合もあります。

■清潔

物流センターの棚や床にゴミが落ちていないか確認します。特に化粧品や食品、医薬品などを取り扱っている場合は、ゴミなどの異物混入などでクレームにつながり、顧客に迷惑がかかります。また、清潔にできていない物流センターは、品質以前の問題として信用・信頼に大きく関わります。

■躾(しつけ)

物流センターには、品質や安全を維持するために様々なルールが存在します。例えば作業エリアではヘルメットを装着する、商品を扱う際は手袋をつける、安全靴を履くなどのルールが遵守されているか、定期的に指導を行い習慣化することが大切です。

5Sの目的とは

5Sの目的
5S活動というと活動することが目的と思ってしまいますが、5Sを取り入れる本来の目的は職場環境の整備によって以下のような効果を得ることです。

無駄を省き業務の効率を向上する。

整頓のルールが徹底されていないような職場では、業務のために必要なものが見つからず、業務のスムーズな進行が妨げられてしまうことが多くなります。5S活動を徹底して行うことで、わかりやすく使いやすい位置に配置されていれば「探す」ということで業務が中断せず業務効率が向上します。

快適な環境をつくる

きちんと整理整頓が行き届いていることで、スタッフにとってもストレスが軽減され、快適な環境で働くことができます。快適な環境では仕事に集中できるのでそこで働く人のモチベーションが上がるので、離職を防ぐことにもつながります。

安全性を高める

整理整頓や清掃が行き届いていないと作業効率が低下するだけでなく、思わぬ事故が起こる可能性が高まります。5S活動で作業しやすい環境をつくれば、安全で快適に仕事を行うことができます。

5Sのメリット

5sのメリット

5Sが徹底されていれば生産性が上昇し、社員のモチベーションアップにも繋がります。

さらに、事故のリスクを回避するのに役立ちます。

5Sを定着させるためには活動目的を明らかにして、環境の変化に合わせて修正・維持を繰り返し行います。

5Sのデメリット

5Sのデメリット

デメリットとしては
整理整頓など、活動のための時間を必要とするなどの手間がかかります。

また、利益に貢献する活動ではないためにすぐに効果が目に見える形で現れてこないため、途中でやめてしまう企業も少なくありません。
作業効率を上げるための活動ですが、決まりごとに固執し、返って効率が悪くなってしまうということにつながりかねません。

環境整備と5Sの違い

環境整備と5Sの違い

環境整備と5Sに大きな違いはありませんが、どちらも会社をよくするための活動です。

5Sでは整理、整頓、清掃、清潔、しつけの五つの項目がありますが、環境整備では基本的に「商品の向きを変える」、「資材補充」、「空のダンボールを潰す」、「床の掃除」、「注意物表示の作成」、「使った物は元の位置に戻すなどの定位置管理」など様々な作業項目があります。

環境整備にはどこを誰が担当するのかを計画表やプランニングシートを作成します。環境整備は物流センター内で社員やパートさんが行う物ですが、5Sは業務によって変わってきます。

ドライバーを例に説明します。

ドライバーが行う5Sは項目は整理、整頓、清掃、清潔、しつけと同じなのですが物流センター内で行う5Sとは内容は異なります。

「整理」では、配送用トラックの荷室や運転席は適切に整理されているかを確認します。「整頓」では、当て板やロープ、当て布などは使いやすくそれえているかなどがポイントです。

「清掃」では、トラックには社名が記されているので汚れていたりするとお客様やエンドユーザーの評価や評判を落としかねません。

さらに、荷物に汚れが付着していたりするとクレームの原因にもなります。常に車内外共に清掃する必要があります。

「清潔」では、トラックドライバーが常に清潔な制服着用を心がけています。配送業務では汚れや汗が衣類に付着することもありますが、綺麗な姿で顧客の元へ荷物を届けることが望ましいです。

「しつけ」では、整理、整頓、清掃、清潔を徹底することは当然のことですが、配送を担当するドライバーは交通ルールを守ることも必要です。また、お客様と直接対面するときは大きな声で挨拶を行う、常に笑顔で接することもまた大切です。

5S導入のポイント

5S導入ポイント
決まりごとなので掃除をする、整理整頓を行うという実施することだけを目的としていてはいけません。目標を設定し進めていくことで効果が現れてきます。
その目標も明確に数値化したものを設定することが大切です。
例えば、「15分でこのエリアを清掃する」や「お問い合わせ件数を○件増やす」といった目標を具体的にすることがポイントです。

また一つ一つの行動を徹底して行うことが重要です。漠然とただ行うのではなく参加する人全員が5Sの意味を理解し明確な目的を持って進めるということが必要なのです。

さらに、5Sを行う上で基準づくりが大事です。その基準というのは、誰が見ても理解できるものが必要です。そこで基準となるチェックシートを作成し、活用することが重要なポイントとなります。
チェックシートは各項目に応じた明確な基準を設け、数値化できるものはできるだけ数値化し、数値化が難しいものは具体的な判断基準を設定することと、複数の目で確認すると良いでしょう。

5Sの課題

5Sの課題

物流業界だけではないのですが、5Sがしっかり徹底されていなければ顧客からの信用・評価を失う原因になります。

特に物流業界では、たくさんの荷物を管理し、物流センターの内外ではコンテナやフォークリフト、トラックなどが行き交うので、安全面においても5Sの徹底は必要不可欠です。

さらに、物流センターやドライバーで求められる5Sが違い、それぞれを管理者が理解し、実行することが重要です。

まとめ

5S活動を実施することで快適な職場環境の確保や業務効率アップにつながるのは当然なのですが、業務に真面目に取り組む社会環境づくりにも役立つはずです。

現場での5Sを徹底するには、「しつけ」と同じ内容になりますが教育することが必要不可欠です。

そのために、管理者が率先して5Sを理解し、心がけて会社全体で実行することが大切です。会社のトップが常に5Sを意識し、徹底すれば、それが見本となり作業者や管理者の行動に大きく反映されます。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録