物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

冷蔵物流

冷蔵物流とは


基準の温度を保ちながら商品を流通させる過程のことです。
冷蔵物流には、情報・荷役・保管・包装・輸送・流通加工といった段階があります。
冷蔵物流の保管温度は、10℃以下になります。
10℃以下で保管する倉庫は全て冷蔵倉庫と呼ばれ、冷蔵倉庫の中でも、特に低温の温度帯で保管する倉庫を冷凍倉庫と呼びます。

冷凍物流の詳しい内容はこちら

冷蔵物流の必要性

商品を生産者から消費者へ届けるまで、鮮度と品質維持のために、
基準の温度を保ちながら流通させなければいけないので、
それぞれにあった温度帯で管理することが必須となります。

冷凍・冷蔵商品の物流倉庫・配送代行サービスについての詳しい内容はこちら

冷蔵物流で扱われる商品


冷蔵物流で扱われる商品には、食品以外に様々なものがあります。
野菜や果物、お花、薬、化粧品、精密機器などがあります。
長期保存や広域での流通が可能になり、全国に輸送することが
厳しかったものまでも届けれるようになりました。

低温物流(コールドチェーン)の詳しい内容はこちら

まとめ

今回は、冷蔵物流について説明させて頂きました。
ポイントは、下記になります。

・冷蔵物流とは、商品を、生産者から消費者へ届けるまで、基準の温度を保ちながら流通させる過程のこと
・鮮度と品質維持のために、基準の温度を保ちながらそれぞれにあった温度帯で管理・流通することが必須
・冷蔵物流で扱われる商品は、食品以外に、お花、薬、化粧品、精密機器などがある


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録