SKU(Stock Keeping Unit)とは

SKUとは

関通物流用語 SKU (Stock Keeping Unit)
Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、
一般的には受発注や在庫管理を行う時の、『最小の管理単位』をいいます。

同じ商品でもパッケージ、入り数などの違いで区別があり、
SKUは、アイテム(種類)よりも小さな単位として分類します。
そのためSKUは物流現場などで商品を保管する際に重要な単位となります。

関通の在庫管理ノウハウが見て学べるセミナーはこちら

SKUの管理方法

SKUの管理方法

一般的には、下記のような場合は、SKUを区別して管理するべきであると考えられます。

・商品名やブランドが異なる場合
・価格、色、サイズ、、包装状態、販売単位数量などが異なる場合
・100g入り、200g入りなど、商品の正味量が異なる場合
・セット商品で組み合わせや価格が異なる場合

 

コードに関する記事はこちらから」

SKUで管理が必要な理由

SKUで管理が必要な理由

SKUで管理が必要な理由は、在庫管理の容易化や商品の特定にあります。
SKUは最小の識別単位であり、色やサイズなどの要素で商品を区別し、顧客に提供する状態を表します。
これにより、商品の在庫状況を詳細に把握し、在庫ロスを防ぐことが可能です。
また、発注や陳列作業もスムーズに行え、多様な商品を効率的に管理できます。
SKUの導入には初期投資やスキルが必要ですが、効果的な在庫管理と顧客サービス向上に繋がることが期待されます。

関通での『SKU』の使い方

関通でも、商品に対する最小単位という意味で『SKU』という言葉を使います。
基本は、「1は1」として保管・管理することです。
出荷単位が「1」なのに、その「1」が「10」で輪ゴムなどでとめて保管されていると、
「1」なのか「10」なのかわからず、誤出荷の原因にもなります。
そういった場合は輪ゴムなどで留めず、SKUの「1」で管理します。

 

SKUを設定すべきケース

SKUを設定すべきケース

SKUを設定すべきケースは、多品種・多バリエーションの商品を扱う場合や、複数の販売チャネルを持つ企業に適しています。
特にアパレルや小売業界では、同じ商品でも色やサイズの違いで複数のバリエーションが存在し、それぞれの在庫管理が必要です。
SKUを導入することで、商品を一意に識別し、在庫管理を効率化できます。
また、ECサイトや実店舗など複数の販売チャネルを持つ場合、在庫の統一管理が難しくなりますが、SKUを使って一元化された在庫管理が可能となります。
SKUを設定することで、在庫の透明性を高め、顧客への迅速な対応や販売チャネルの最適化が実現します。

SKUを設定する時の注意点

SKUを設定する時の注意点

SKUを設定する時の注意点は多岐にわたります。
まず重要なのは、商品の特性やバリエーションを十分に考慮することです。
同じ商品でも、色やサイズの違いがある場合は、それぞれに独自のSKUを割り当てる必要があります。
また、SKUコードは一貫性があり、わかりやすいものにすることが重要です。
混乱を避けるためには、明確な命名規則を採用し、徹底して管理する必要があります。
さらに、適切な在庫管理や商品識別を目的として、SKUを設定する際には将来の拡張性も考慮する必要があります。
変更や追加が容易であるかどうかを検討し、柔軟性を持たせることが重要です。
最後に、SKUは顧客や従業員が理解しやすい形式で設定することが重要です。
わかりやすく整理されたSKU体系は、効率的な業務運営や顧客サービスの向上につながります。

スムーズにSKU管理するにはノウハウが必要

スムーズにSKU管理するにはノウハウが必要

スムーズにSKU管理するにはノウハウが必要です。
商品の特性や業界によって異なるSKUの設定方法や管理手法を理解することが不可欠です。
適切な在庫管理システムや識別技術の活用方法、そしてスタッフのトレーニングなど、幅広い知識が求められます。
また、効果的なSKU管理には経験値も欠かせません。
実際の現場での経験を積み重ねることで、より効率的なSKU管理の方法を習得し、業務プロセスを改善していくことが可能です。
さらに、業界のトレンドや市場の変化にも敏感に対応する必要があります。
絶えず変化する環境下でSKU管理を行うためには、常に学び続け、改善を重ねる姿勢が求められます。

業種別:SKU総数の目安

業種別:SKU総数の目安

業種別:SKU総数の目安は、事業の性質によって異なります。
小売業や流通業では多様な商品を扱うため、数千から数十万のSKUが一般的です。
一方、製造業やサービス業では製品やサービスの種類によって異なりますが、数百から数千のSKUが一般的です。
飲食業やサービス業では、メニューやサービスのバリエーションによってSKUが決まりますが、数十から数百のSKUが一般的です。業界の標準や企業の規模によっても変動しますが、効果的な在庫管理や顧客サービスを実現するためには、適切なSKU数を設定することが重要です。

アパレル業界におけるSKUの付け方のポイント

アパレル業界におけるSKUの付け方のポイント

アパレル業界におけるSKUの付け方のポイントは、細かな商品分類と在庫管理の効率化にあります。
色、サイズ、デザインなどの要素ごとに独自のSKUを設定し、各商品を明確に識別します。
例えば、同じデザインでもサイズや色味が異なる場合は、それぞれに異なるSKUを割り当てます。
これにより、在庫管理が容易になり、顧客が求める商品を迅速に提供できます。
また、季節やトレンドに合わせて新商品を追加する際にも、新たなSKUを付けることで、ラインナップを柔軟に調整できます。
アパレル業界では商品のバリエーションが豊富であり、顧客の好みやニーズに合わせた販売戦略を展開するために、SKUの付け方を慎重に考えることが重要です。

SKUの導入方法

SKUの導入方法

SKUの導入方法は、まず、各商品に一意の識別子を割り当てることから始まります。
これには、商品の特性やカテゴリーに基づいて、色、サイズ、デザインなどの要素を考慮してSKUを作成します。次に、適切な在庫管理システムを導入し、SKUをデータベースに登録します。
この際、商品情報や在庫数などを正確に入力することが重要です。
さらに、バーコードやRFIDなどの識別技術を活用して、SKUの管理を効率化します。
最後に、スタッフに適切なトレーニングを行い、SKUを正しく理解し運用できるようにします。
このようにして、SKUの導入は効果的な在庫管理と商品識別を実現し、顧客サービスの向上につながります。

SKUの考え方

SKUの考え方

SKUの考え方は、商品管理の基本です。
SKUとは、Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略称であり、在庫管理における最小の品目数を数えるための単位です。
つまり、同じ商品でも色やサイズなどの異なるバリエーションごとに独自のSKUが割り当てられます。
これにより、商品の識別や在庫管理が容易になります。
SKUの考え方は、小売業や流通業界において重要であり、効率的な在庫管理と顧客サービスの向上に貢献します。
SKUは商品の個別性を示すための鍵とも言えます。

SKUとアイテムの違い

SKUとアイテムの違い

SKUとアイテムの違いを理解することは、効果的な在庫管理に不可欠です。
アイテムは商品の種類を示しますが、SKUはその商品を個別に識別するための細分化された単位です。
たとえば、同じ商品でも異なる色やサイズ、パッケージの違いによってSKUが異なります。
アイテムはSKUの集合体であり、SKUはそのアイテムのバリエーションを表します。
したがって、アイテム数とSKU数は一致しないことがあります。SKUの適切な管理は、
異なるバリエーションや在庫状況を正確に把握し、効率的な発注や在庫管理を可能にします。
SKUとアイテムの違いを認識し、適切な管理方法を選択することで、小売業や流通業界での効率的な業務遂行が実現できます。

SKUの使い方、実際の活用事例

SKUの使い方、実際の活用事例

【SKUの使い方】実際の活用事例では、様々な業界でSKUがどのように活用されているかを紹介します。
例えば、アパレル業界では同じ商品でも色やサイズごとに異なるSKUが割り当てられ、顧客が求める商品を簡単に見つけられるようになっています。
また、化粧品業界では内容量や香りなどの異なる商品をSKUで管理し、顧客のニーズに応えるための多様な選択肢を提供しています。
さらに、家電業界では機能や容量、カラーなどの異なるバリエーションをSKUで管理し、顧客が自分に最適な商品を選びやすくしています。
これらの活用事例からもわかるように、SKUは商品の個別性を示すだけでなく、顧客のニーズに合った選択肢を提供するための重要なツールとして広く活用されています。

まとめ

このようにSKUとは、商品を特定するための最小単位で設定するものですが、
アパレル商品などでは、同一商品でもサイズ・カラーが存在するので、
雑貨品や他の商品と比べると、管理すべきSKU数が多くなる傾向にあります。

だたしSKUは、販売会社の管理用に自ら設定するものですので、
サイズ・カラーを区別せずにSKUを設定する場合もありますので、
御社の商品や管理に適した管理方法がよいでしょう。

御社の在庫管理を解決へ導くセミナーはこちら

学べる倉庫見学会はこちら


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録