物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

SKU(Stock Keeping Unit)とは

SKUとは


Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、
一般的にには受発注や在庫管理を行う時の、『最小の管理単位』をいいます。
同じ商品でもパッケージ、入り数などの違いで区別があり、
SKUは、アイテム(種類)よりも小さな単位として分類します。

関通は冷凍冷蔵物流でも1,000種類に及ぶ商品対応の実績があります。

SKUの管理方法

一般的には、下記のような場合は、SKUを区別して管理するべきであると考えられます。

・商品名やブランドが異なる場合
・価格、色、サイズ、、包装状態、販売単位数量などが異なる場合
・100g入り、200g入りなど、商品の正味量が異なる場合
・セット商品で組み合わせや価格が異なる場合

関通での『SKU』の使い方

関通でも、商品に対する最小単位という意味で『SKU』という言葉を使います。
基本は、「1は1」として保管・管理することです。
出荷単位が「1」なのに、その「1」が「10」で輪ゴムなどでとめて保管されていると、
「1」なのか「10」なのかわからず、誤出荷の原因にもなります。
そういった場合は輪ゴムなどで留めず、SKUの「1」で管理します。

まとめ

このようにSKUとは、商品を特定するための最小単位で設定するものですが、
アパレル商品などでは、同一商品でもサイズ・カラーが存在するので、
雑貨品や他の商品と比べると、管理すべきSKU数が多くなる傾向にあります。

だたしSKUは、販売会社の管理用に自ら設定するものですので、
サイズ・カラーを区別せずにSKUを設定する場合もありますので、
御社の商品や管理に適した管理方法がよいでしょう。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録