流通加工とは

関通物流用語辞典:流通加工

流通加工とは

流通加工とは

流通の過程の中でその商品に付加価値を付けるために行う加工全般のことを指します。
小分け包装、値札付け、生鮮食品や繊維品の二次加工、鉄鋼やガラスの裁断なども流通加工の一種です。

商品が消費者に届くまでのプロセスにおいても欠かせない大切な業務であり、
商品を作る生産工場だけでなく、倉庫や物流センター、販売する店舗でも
流通加工が行われています。

流通加工を施すことで、商品の価値を高めることができ、
商品を受け取ったお客様の満足度を上げることができます。

流通加工の内容と種類

流通加工の内容と種類

流通加工の内容は非常に幅広く、商品の種類によって様々な加工が行われます。
流通加工の種類として「検品」「梱包」も挙げられます。

商品の検品を行って不良品を取り除くことで、
商品だけでなく、企業の信頼を保つことに繋がります
傷や汚れがないか、壊れていないか、異臭がしないか、動作に問題がないか、
組み合わせや内容が合っているかなど、細かいチェックが必要です。

他にもバーコードや値札シールなどを貼りつける「貼り」、
配送するための段ボールに詰める工程である「梱包」なども含まれます。

 

流通加工における課題と解決策

流通加工における課題と解決策自社で流通加工をしようとすると、コストが一番の課題となるでしょう。
流通加工の内容は様々で、多くのスペースや人員、設備が必要になります。

流通加工に投資することによって、
最も重要である商品にかけるリソースが減り、
商品力が低下しやすくなってしまいます。

この課題の解決策としては、流通加工をアウトソーシングするという方法があります。

実際に流通加工をアウトソーシングしている企業も多くいらっしゃいます。
アウトソーシングすることによって、効率的に流通加工をすることができます。

なぜなら、流通加工のマネジメントから解放され、
本来の必要な業務へ専念することができたり、
流通加工のための無駄なスペースを作ることなく倉庫運営をすることができるからです。

アウトソーシングによるコストはかかりますが、
自社で流通加工を行うよりもコストを抑えられるケースも多いです。
 

まとめ

流通加工は、商品の品質を上げるために必要不可欠な工程で、
丁寧に行うことが大切です。

流通加工は商品の信頼・会社の信頼を高める作業であるといっても過言ではありません。

流通加工の一部である「検品」をミスしてしまうと、
この1つのミスで口コミの評価が下がり、売上に影響してしまうこともあります。

反対に言うと、流通加工で商品の品質を高く保つことができれば、評価が上がりお客様に安心して利用してもらうことができます

このようにお客様の信頼を勝ち取るためにも流通加工は重要な過程の一つと言えます。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録