物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

PODとは

POD

PODとは

PODとは、「プリントオンデマンド」(Print on Demand: POD)の略で、一般的にオンデマンド印刷と呼ばれています。
On demandとは「要求があった時にサービスを提供する方式」という意味になります。
つまり、必要な時に必要な部数だけ印刷するということです。

PODのメリット

メリット
・小ロットでの印刷、または「種類が多数ある印刷物」に適しています。
・スピーディな対応が可能になるため、スピード印刷が実現できます。

社内で使うパンフレットの印刷など、数がそこまで多くないものや見栄えはそこそこで、スピード重視で進めたいという時に重宝する印刷方法になります。
印刷業界ではない企業様が使う印刷はこちらが多いのではないでしょうか。

PODのデメリット

デメリット
・気温などの影響により、色が毎回安定しない場合が多いです。
・印刷用紙の影響を受けやすく、広面積な「ベタ」・「アミカケ」・「グラデーション」があると、どうしてもムラが出てしまいます。
・CMYKのインクトナーでフルカラーを表現するため、特色(DIC)での印刷が出来ません。
・上下左右2mmほどのズレが生じやすいため、緻密なデザインの再現には向きません。
・プリンターを使用するため、紙の種類、厚さに制限があります(厚すぎず、薄すぎず)
・細かい文字はにじんでしまう可能性もあります。

オンデマンド印刷とオフセット印刷

印刷方法の違い
オンデマンド印刷とはパソコンからデータをプリンタに送り印刷する方法になります。
版の作成が必要なくデジタルデータを直接出力するので、1箱単位のカラー印刷や小ロットだと単価が安くなります。
また、短納期で制作が可能になり、納品までスピーディに実現します。

反対にオフセット印刷は顔料油性インクによる印刷になります。
最初に印刷の原本を作成し、印刷ブラケットから紙に転写する印刷方法になります。
CMYKカラーの他に、特色(DICカラー)を使うことが出来ます。
それが原版となり、大量印刷に適しています。
ちなみに、1000枚以上クラスの印刷になるとオフセットの方が断然安いです。

クオリティ・綺麗さなら「オフセット印刷」
早さ安さなら「オンデマンド印刷」ということになります。

まとめ

PODは印刷方法の種類になります。
印刷用途によって向き不向きのある方法なので、印刷用途に合った方法か確認してからするようにしましょう。

ポイントになります。
・PODとは、オンデマンド印刷と呼ばれる印刷方法です。
・小ロットでの印刷や種類が多数ある印刷物に適しています。
・短納期で制作が可能になり、納品までをスピーディに実現できます。
早さ・安さなら、オンデマンド印刷がおすすめです。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録