物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

出荷物流(アウトバウンドロジスティックス)

出荷物流(アウトバウンドロジスティック)

出荷物流(アウトバウンドロジスティックス)とは

出荷物流とは
出荷物流とはアウトバウンドロジスティックス(Outbound Logistics)とも言われ、
製造された商品を自社倉庫や工場から消費者に届くまでの物流のことを指します。

出荷物流は、原材料から商品を加工し、出荷して消費者のもとまで商品を届ける
サプライチェーンを3つの流れに区分した際の分類の1つです。

サプライチェーンについてはこちら▼▼▼

サプライチェーン

出荷物流(アウトバウンドロジスティックス)の重要性

出荷物流の重要性
出荷物流は自社倉庫や工場から消費者に商品が届くまでの重要なプロセスです。

出荷物流の際にミスが起こってしまうと、
期日通りにお客様に商品が届かない
過小・過剰で商品を送ってしまう
違う商品を送ってしまう
というような様々なミスを引き起こしてしまいます。

このようなミスを防ぐため、出荷物流では出荷検品を行うことが多いです。

まとめ

出荷物流のポイントは下記になります。
自社倉庫や工場から消費者まで商品が届く流れを出荷物流といいます。
・出荷物流はサプライチェーンの一部です。
出荷物流は物流において重要な部分になります。

現在では供給者から消費者まで商品を届ける流れのプロセス全体を見て
効率化する動き(サプライチェーン・マネジメント)が出てきています。
そのため、サプライチェーンの一部である出荷物流も物流業界において注目されています。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録