関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

テレコ出荷

テレコ出荷とは

テレコ出荷とは?
テレコ出荷とは、AさんにBさんの商品、BさんにAさんの商品を発送してしまう事を言います。

テレコ出荷の「テレコ」とは元々歌舞伎で「2つの筋書きを2つにまとめ、1幕おきに交互に展開していくこと」を指し、現在では「互い違い」という意味として使われるようになりました。

テレコ出荷は送り状の貼り間違いなどによって起こる場合があります。

テレコ出荷はお客様に間違った商品を届けてしまうだけで無く、
個人情報漏洩にも繋がりますので、絶対にしてはいけない事故の1つです。

テレコ出荷の注意点

テレコ出荷の注意点
テレコ出荷が起こる場合の多くに送り状の貼り間違いがあります。
送り状を貼り間違えないために下記の2点に注意して行いましょう。
1件完結を行う
商品の梱包が完了し、送り状を貼る時にWMSを使用して送り状を鳴く

まとめ

今回はテレコ出荷についてご紹介させていただきました。
テレコ出荷のポイントは以下になります。
・テレコ出荷とはAさんにBさんの商品、BさんにAさんの商品を発送してしまう事
送り状の貼り間違いによって発生する場合が多いです。
1件完結送り状の確認を徹底しましょう

倉庫現場はまだまだ人の手によって支えられていますが、
近年ではロボットの導入も活発に行われています。
いかにミス無くスピーディーに行う事が出来るかが重要となってきますので、
仕組み作りやロボットの導入など、ミスの無い作業を行える環境にしていきましょう!


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録