トーマスを入れて本当に作業が楽になり、終了時間も早くなりました。

ガチャガチャ・ガラポン 景品販促ツール卸通販業
株式会社あミューズ様
倉庫管理システム「クラウドトーマス」

トーマスを入れて本当に作業が楽になり、終了時間も早くなりました。

以前は絶対にそんなに早く終わらない量だったのに・・・!

K:

本日はお時間をいただきまして、ありがとうございます。 早速ですが、御社のサービスとクラウドトーマスの導入をご決定される前のご状況をお聞かせください。

A:

当社はガチャガチャの機械や景品の販売を行なっております。イベント会場や店舗などにお送りしています。
以前は、自社のECサイトシステムと会計ソフトの2つで商品の在庫管理をしていました。
しかし、なかなか在庫が合わず、「在庫っていくつあるの?」と営業から確認の内線が、何度も掛かってくる毎日でした。
その都度、ピッキングの間に手を止めて在庫数の確認をしていたので「この現状を何とかしたい」と思っていました。
ですが、当時はピッキング後に別の2人が検品をするルールがあり作業に時間がかかるという問題がありました。商品のピッキングから出荷まで、ピッキング者を含めて3人の目を通さなくてはいけませんので、忙しくても人を回せない状態でした。
そのため出荷の終了時間も遅かったです。

K:

出荷は何時ぐらいまでかかりましたか?

A:

当時の通常は17時半ぐらいでしたね。繫忙期になると18時ほどまでかかっていました。
導入後の今では16時半か、17時には終わる目途が立っています。繫忙期でも18時を過ぎたことはありません。
一番びっくりしたのは、15時に大量出荷の束が来る時、導入前は「まずいな、2時間じゃ終わらないな」という状況でした。
ですが、クラウドトーマスを入れてからはこれが終わるようになりました。以前は絶対にそんな早く終わらない量だったのに、17時に終わった瞬間を見たときは「本当にすごいなぁ」と私もパートさんも驚きました。

作業ミスに関しては、ほとんど0に近いです

K:

終了時間短縮できてよかったです。作業はどう改善されましたか?

A:

トーマスを介しているものに関しては、今は検品者を外し、ピッキングのみで完結をさせるようにしました。そのため、ピッキングの方にも人を回せるようになりました。
作業ミスに関してはほとんど0に近いです。思い切って、検品者を無くすことが出来たので、その辺に関しては凄くありがたいです。

K:

ありがとうございます。検品者をなくすことは、最初勇気が要るご判断だったのではないでしょうか?

A:

要りましたね。だから相当慎重に見極めましたが、トーマスを導入した時期が繁忙期間近だったのもあり「繁忙期を乗り切るのは、今の配置じゃ無理だ」と思ったので、思い切って検品者を外しました。
その代わり、入荷の際にバーコードを貼るのですが、そこに人員を増やしてミスはしないような方向にはシフトしていきました。

K:

入荷・入庫に力を入れられたのですね。やはり作業の入り口部分なので重要ですよね。

A:

元々午前中は入荷とピッキングをやりつつの入荷作業だったんです。そうしないと、午後のピッキングが終わらなかったので。
しかし、思いきって午前は入荷・入庫の時間にしました。午後のピッキングに支障がないか当時は心配でしたが、想像以上にスムーズに回って安心しました。
正確に計ったわけではないですが、以前は200個口を超えると、出荷が間違いなく17時半終了になっていました。今では同量でも、16時半には終わりますね。1時間ぐらい早くなったと思います。
以前は、18時上がりのパートさんも、繁忙期になると19時ごろまで残ってもらって、ということがありましたが、体制変更後は基本ないですね。

K:

企業さん向けが多いであれば、着日指定などもあり今日中に出し切らないと!というのもありますよね。

A:

はい、着日指定は全部かかっています。出さないという選択肢はないですね。
それも現在は問題なく行っていますね。

導入担当の堤さんが、毎日のようカバーしてくれました

K:

導入当時に不安だったことはありますか?

A:

データ連携ですね。データの取込みの設定や、送り状関係の設定部分などです。
当社がもともと特殊な連携をしていたのもあり、それをトーマスにうまく連携できるか苦戦しました。
作りこむのは大変でしたが、導入担当の堤さんたちがアドバイスをくれたり、現場に来てくれたり、毎日のようカバーしてくれました。それが有り難かったです。

トーマスを入れて本当に作業が楽になったので良かったです

K:

他に、現場が変わったことはありましたか?

A:

以前と比べてモノが探しやすくなりました。
以前は、大きくABCで棚番のカテゴリーを振ってはいたのですが、ピッキングの際にどこに何があるかは、体感でしか分からなかったんです。
おおよそ、この辺りにAのカプセルがある、Bの商品がある、と多少は分かっていても細かくは覚えきれなくて。同じアニメのシリーズでも、違う柄があったりしますから。
今までは記憶だったので、探しに行くのは大変でした。しかし今は完全に「ここ」と場所が決まっているので、ピッキングは段違いで早いですね。
新人さんにも最初は分かりやすいものから教えて、「あとはやっていくうちに覚えてね」っていう教育しかできなかったです。完全に覚えるのには3ヶ月位かかりましたね。
しかし今は基本的に最初にトーマスのことを教えるので、ロケーション番号の振り方だけ説明することで、0.5ヶ月ぐらいで慣れますね。
たまに、多種類をピッキングすることがあり、かなり時間が掛かっていました。指示書を見ながら一通り棚をぐるぐる回ってやっと1個拾う、と作業効率が非常に悪かったと思います。 今はトーマスが指示する場所にいき、そこから数をとるだけなので比較しようがないほど早くなりましたね。だいぶ楽になりました。
多種類ピッキングは100アイテムぐらいあると、以前は2時間はかかっていましたが、今では1時間弱で終わります。

このように生産性はぐんと上がりました。 まだまだ、現場の改善する点はありますが、トーマスを入れて本当に作業が楽になったので良かったです。

K:

ありがとうございます。弊社もお役立ちできるよう頑張ります。今後とも宜しくお願い致します。
本日は本当にありがとうございました。

「関通公式メールマガジン」登録