新作商品のページアップが1か月ずれこんでいた問題を、アウトソーシングで解消

帽子・アパレル小物の製造及び通信販売
株式会社 nakota様
委託型配送センター代行サービス

新作商品のページアップが1か月ずれこんでいた問題を、アウトソーシングで解消

物流はプロに任せたほうがいいかなぁと思いまして

K:

本日はインタビューをありがとうございます。早速ですが、弊社にお声掛け頂いた際はどのようなことにお困りでしたでしょうか。

N:

そうですね。まずは出荷がパンクすることがありました。ご注文件数に、社内での出荷体制が追い付いていなかったのです。 そして一番悩んでいたことがミス、つまり誤送ですね。ミス発生率は1%を超えていたと思います。100件出荷すると、1件はミスがありました。 原因としてはサービスの質がスタッフごとに違っていたことです。 ご注文件数が増え、出荷作業が忙しい時は、ページ製作のスタッフなども梱包業務に入っていました。しかしそこが問題でした。 私たちは、ルール化が凄く苦手でした。専任以外の者が梱包業務に入るとミスが起こることがありました。 ですが、僕らの得意分野は梱包ではありません。ですので、梱包をはじめ、物流はプロに任せた方がいいかなぁと思いまして、そこが御社へお声がけさせていただいた、一番の理由です。

N:

また、人だけでなく場所も限界を感じていました。市内で行っていますし、将来的にも、月商一億を目指すことを考えると、現在の場所では足りません。 そういった面も大きいです。

新作商品のページアップが1か月ずれこんでいた問題を、アウトソーシングで解消

K:

繁忙期はスタッフの方が、販売業ができないほど忙しかったのですね。

N:

はい、そうです。その後遺症と言いますか、繁忙期に溜まってしまった業務の流れは見えなくなってしまい、アウトソーシングした後でもここ最近まで引きずっていました。 一番問題になっていたことがページへの新作商品のページ掲載のずれ込みです。 今のページ制作スタッフは一週間で10商品ほどページアップができます。そして弊社では1か月に30~40点の新作アイテムがあるのですが、それが繁忙期だと制作スタッフが出荷作業で時間を取られ、ページアップが1か月丸々ストップしていたんです。 すると、次月は80商品のアップが溜まってしまって。商品の新作アップがずれ込んでしまうのです。 1か月間に、無理して余分に商品アップをしていこうとなったとしても、予定通りにはいかないです。それがどんどん溜まっていって。 アウトソーシングしてからは、それがほぼ解消されるぐらいまでになってきました。

休み明けがすごく気楽になりました。

K:

次に関通を物流パートナーとして選定頂いた理由を教えて頂けますか?

N:

まず関通さんの指定の梱包形態ではなく、顧客ごとに希望の梱包方法に対応して頂けるということですね。お店独自の梱包方法を今後、出して行けるという所が大きかったですね。もう一社検討していたところがあったのですが、そこはもう納品の形もガッチガチの決まりがございました。 検討段階で関通様の倉庫の見学に行った際に「ああなるほど、将来的に出来るな」と未来へのイメージがつきました。

K:

ありがとうございます。 当社にお任せ頂いた際、初出荷までにご不安に思われたことはございますか。

N:

正直な話で言うと、初めての物流アウトソーシングだったので、弊社の商品の知識がない方が、入荷と出荷の作業をされる所は非常に不安でしたね。しかし、その点は思っていた以上に対応して頂けました。例えば、入荷した商品に「ちょっとシミあるけど大丈夫ですか」と、写真を送って確認をして頂けるので、非常に助かりました。 委託することでB品クレームが増えると思っていましたが、予想上には少なかったです。想定したよりも10分の1ほどです。全然なかったので、B品の出荷を止めて頂いた所は大きかったです。

K:

ありがとうございます!

N:

それと、物流アウトソーシングはもう少し、機械的だと思っていましたが、意外と、人間的だと感じました。これちょっと色違いますよと、入荷商品もスタッフ様が気づいて言って頂いたこともありましたので、そこで大分助かりました。機械的だったのは多いに誤解しておりました。

K:

ありがとうございます。

N:

それと、休み明けがすごく気楽になりました。今まで、5日間など長期で休暇をとると、もう3日目ぐらいにドキドキしてくるのです。注文も溜まりますし休み明けの仕事をどうしようとか。 そういうことが、関通様にアウトソーシングすることでなくなりました。依頼して1年少し経ちますが、弊社も大分とアウトソース体制ができてきました。 商品にバーコードをきちんと付けるなど、そのような商品の管理が良くなって来ましたので、大手の企業様に負けないような商品の管理体制が内部で出来たと言うのは大きいですね。関通様とは別で、弊社で管理すると言う意味でも良かったと思います。

物流改善のヒントはコチラ! 詳しくはコチラ!
アニー_バナー

「関通公式メールマガジン」登録