物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

送り状

送り状

送り状とは

送り状とは
荷物の出荷元や出荷先が記載された伝票のことです。
宛先や送り主の住所、氏名、連絡先、お荷物の中身の品名などを記入してお荷物に貼ることで、お荷物を届けることができます。
送り状の種類によって配達記録が不要な伝票や、代金回収が必要な伝票、送料の負担者を表すこともできます。

送り状と納品書の違いとは?

送り状と納品書の違いとは
送り状とは一般的にお荷物を配送する際に貼り付けられている伝票のことで、主に送付日や宛先、送り主名、連絡先、お荷物の中身の品名といった項目が書かれています。

納品書は契約を行った相手に契約通りに納入したとわかるようにしたもので、主に商品名や数量、単価、合計金額といった項目が書かれています。

送り状や納品書は決まった形があるわけではないので、企業によっては納品書が同梱されていなかった場合などもあります。

送り状を送るときの注意点

注意点
送り状は貼り間違えると個人情報流出につながるため注意が必要です。
送り状は荷物を送る際に必ず必要になってきますので、宛先は間違えないよう注意しましょう。
また、具体的な商品名などの記入がない場合、内容物の特定ができず、配送ができなかったり送れたいという影響を及ぼしてしまいますので、しっかり記入しましょう。

まとめ

送り状は配達の際に必ず必要になってくるものです。
送る商品や送り方によっても種類が異なる場合がありますので、よく調べてしっかり届くようにしましょう。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録