物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

入荷とは

入荷

入荷とは

入荷とは
一般的に商品が仕入先から入ってくることを指しますが、
その中でも物流現場における入荷とは、
仕入れ先や他の物流拠点から商品や荷物が運ばれてきて、
その荷物と伝票を確認し受け入れるまでの一連の流れを指します。

この入荷の段階では倉庫に商品を受け入れる作業の為、
まだ在庫計上はされていません

ちなみに、弊社では仕入先から送られてきた商品をそのまま置いて無くなってしまったり
何のお荷物かわからなくなってしまわないよう
仕入先から商品を受け取った際はすぐに下げ札を付けて管理するというルールを徹底しております。

入荷検品とは

検品
入荷検品とは、入荷時に入荷予定の商品と現物の内容に差異がないか検査を行う作業の事です。

この入荷検品を行うことによって、
伝票の数と実際に送られてきた商品の数が異なる場合や
汚損・破損している商品が混じってしまっていた場合に気づくことができます。

また、WMSを使用して入荷検品を行う場合、
発注したデータを入荷予定データとしてWMSに取込んでおき、
実際の入荷時に、入荷検品リストやバーコードハンディーターミナル(BHT) を使用し、
入荷予定データと商品の照合を取ることができます。

このようにWMSを使用して入荷検品を行うことによって
入荷時の記入漏れや記入ミスなどの人為的なミスを未然に防ぐことができ、
より正確な入荷作業を実施することができます。

関通における入荷検品の重要性

弊社では配送代行センター業務という業務の特性上、
お客様の商品をお預かりしてる為、
入荷作業で間違えてしまうと、その後の業務すべてに支障が発生し、
正しい在庫管理ができなくなるためお客様にもご迷惑をおかけしてしまいます。

このようなことが発生するリスク回避のためにも
必ず入荷検品作業を行っております。

在庫管理の流れをご参考にご覧ください。

入荷管理や在庫管理についてのお悩みを解決するツールをご紹介します。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録