戻る

社員の方やパートさんに対して会社の仕組みが凄くしっかりしているなと感じました。

リカバリーウェアの通信販売・実店舗販売
株式会社ベネクス 様
委託型配送センター代行サービス

社員の方やパートさんに対して会社の仕組みが凄くしっかりしているなと感じました。

何らかの対策を打たないといけないという状態に直面していました。

K:

本日はよろしくお願い致します。まずは、御社の事業内容や特色をお聞かせください。

V:

リカバリーウェアの企画・販売しております。リカバリーウェアというのは休養時専用の分野で、休養の質をより高める機能を付与しており、着るだけでリラックスするウェアとなっております。

K:

弊社にお声がけいただいた際は、どの様にして関通を知っていただきましたか。

V:

インターネットで検索して、御社のホームページを見て、ご連絡いたしました。 本当にあの頃は必死に探していたので、「物流 アパレル」とかで検索して探していたと思います。本社が神奈川の厚木にあるので、最初は関東で倉庫を探していました。

K:

ありがとうございます。当社にお声がけいただいた際は、どの様なことにお悩みでしたか。

V:

売り上げが次第に伸びてきている時期で、出荷量に対応しきれない状態でキャパオーバーになっていました
当時も物流会社さんには委託させて頂いたのですが、 現場の方から「人が足りない」や「商品のその仕掛かり品を置く場所がない」という声がありました。
実際に、出荷のためにパートさんを雇っていただこうとも考えましたが、 出荷量は、冬場に増量し、夏場は安定するという波動があるので、そこにパートさんの雇用を私たちの出荷のためだけに増やして頂くのは問題がありました。 私たちが売り上げを伸ばしていくためには、何らかの対策を打たないといけないという状態に直面していました。

現場では社員の方やパートさんに対しての会社の仕組みが凄くしっかりしているなというのも感じました。

K:

ありがとうございます。弊社を最終的に物流パートナーとして選定頂いた理由を教えていただけますか。

V:

そうですね。
1番は私たちの成長に「一緒に成長して行きましょう」と言って頂いたことです。 倉庫見学に行かせていただいた際に、 関通さんは、日々業務を行う中でより良い方法を模索してご提案していると教えて頂きました。
また、現場では社員の方やパートさんに対して会社の仕組みが凄くしっかりしているなというのも感じました。 凄く印象的だったのは、「取ってから鳴く」という全社統一のルールが色々なところに貼られていたことです。一見、単純なルールの一つだと思いましたが、実は関通さんの真髄を、誰にでもわかるシンプルな言葉で全社で共有して、浸透できているというのを感じました。

K:

ありがとうございます。
弊社へアウトソーシングをご決定いただいてから初出荷までにご不安に思われることはございましたか。

V:

そうですね。
私たちの都合もあり、移管が凄くタイトだったので、とてもハラハラしましたし関通さんもご不安だったと思います。
そんな中、私たちはお客様にご迷惑をおかけしたくないので、出荷はなるべく止めず、通常業務をしながら、ミスなく物流の移管をしたかったのです。
そのスケジュールの中、神奈川から大阪へ3回に分け商品の移管をしましょうとより良い方法をご提案頂きました最初は凄く不安でしたけど、重ねていく毎に、「あ、大丈夫かもしれない」と思って、最後に安心し移管を終えることが出来ました

必ず関通さんが最後、物流で手を加えてくださって出荷して頂くという工程、これで最終的に商品が作られます。

K:

ありがとうございます。 最後に、弊社にご希望やご期待されていることを教えて頂いてもいいですか。

V:

最初に「一緒に成長して行きましょう」とおっしゃって頂いてた通り、これからも弊社の成長のパートナーであって頂きたいと思っております。
リカバリーウェアは、まだまだ知らない方もいらっしゃるので、どんどん広がって、多くの方に使って頂きたいなと思っています。
そんな中で、必ず関通さんが最後、物流で手を加えてくださって出荷して頂くという工程を経て、最終的に商品が完成します。 繁栄を目指す中でご協力いただき、私たちと関通さんが一緒に成長して行けたらいいなと思っています。

K:

ありがとうございます。 弊社もお役立ちできるよう頑張ります。 今後ともよろしくお願い致します。本日は本当にありがとうございました。

委託型配送センター代行サービス 詳しくはコチラ!
アニー_バナー

「関通公式メールマガジン」登録