物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

商物分離

商物分離とは

商的流通と物的流通を分けることを指します。
従来は、この商流と物流はまとめて行われることが多かったですが、
分離して業務を行うことのメリットが多く考えられているため商物分離が進められています。

商流と物流の違いとは

ここで、商流物流の違いについてもご説明させていただきます。
商流とは、金銭や所有権、情報の移動の流れのことであり、
それは誰が所有しているモノなのかが重要です。
一方で、物流とは、モノの流れのことであり、
「誰の」などの考え方ではなく、モノがどこにあるのかが重要となります。
商流と物流の違いは、商流は情報や金銭の移動を指し、物流は物の流れのことを指します。
商流について詳しくはこちら

物流について詳しくはこちら

商物分離のメリットと重要性

商物分離には、下記のようなメリットが上げられます。

コスト削減

商流は営業、物流は配送と分けられます。
これらの経費を分けることで物流の経費は見合っているのか、
営業の利益と比較してよりよい質のサービスを提供することができます。

業務効率があがる

営業と配送で分けることで、営業は営業力に力をいれて活動することができ、物流は商品の管理や、配送に力を入れて仕事ができるので、営業の規模の拡大や商品の管理の徹底に繋がります。
このようにしっかりと管理していくことで、情報が漏れることを防ぐことができます。

まとめ

このように物流において、まず商物分離を行うことが重要であることが考えられます。
商物分離をすることで、コスト削減や業務効率を向上させ、よりよい物流事業の展開が望まれます。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録