物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

受注管理とは?|主な業務内容と受注管理システムの必要性

受注管理とは?


受注管理とは、様々な業務作業が生じる販売管理のうちの1つで、消費者の方や、顧客企業から注文を頂き、出荷するまでの流れを管理する業務のことです。
今まで、受注管理は消費者からの受注までの業務を指すことが一般的でした。
しかし、近年では適用範囲が広がり、
受注した後の出荷管理までの過程を管理すること
を指すようになりました。
さらに、BtoBのビジネスでは、顧客と契約を交わす際の取引契約の締結や、
新規の顧客に金額の提示をする見積もりも受注管理の中で行う企業もあります。
見積もりの作成や会社で使われているシステムへの記録・注文請書の発行などの業務も受注管理に含まれており、これらは適切な過程で行わなければなりません。

受注管理の主な業務内容

受注管理システムは複数の作業から成りたっています。
まず、お客様から注文を受け、出荷管理を担っているシステムに知らせます。次に在庫の確認を行い、納期を連絡します。
在庫がない場合は仕入れ先に新たに発注を行います。
最後に商品名や納品先を記して自社に保管する受注伝票と、注文の内容を受領した事を取引先に報告する書類の注文請書を作成します。
注文書は作成しなければならない義務はないですが、トラブルなどが起こったときのために作成しておいて方が良いでしょう。
これらが受注管理の主な業務内容です。

受注管理システムの必要性とは?

現在、今まで人がエクセルや紙でやってきた受注管理をシステム化、効率化している企業が増えてきています。
取引先が多かったり、受注管理を担当している社員が足りていない企業は転記ミスなどの人的ミスを防いだり、人件費の削減など効率化が図れます。
さらに受注管理システムを扱うことにより迅速な対応をすることができ、発注を一元管理することができます。

受注管理システムの導入のメリットとは?


受注管理システムのメリットは大きく3つあります。

まず、受注管理システムを導入することにより受注管理における様々な業務を自動化することができます。
自動化することにより人的ミスがなくなり、さらに多くの人員を動員する必要はないので人件費の削減にもなります。

次に、他のシステムとの連携ができます。
在庫システムと連携すれば、注文された時点で在庫があるかどうかを確認でき、
経理システム、販売管理システムと連携すれば、注文実績を転記しないで済むので
効率化が図れます。

最後に迅速な対応が可能になるためお客様満足度の向上につながります。
受注管理システムを導入することにより発注する側は24時間どこでも発注が可能になります。

まとめ

受注管理とは、顧客から注文を受け出荷するまでの過程を管理することで、顧客にとっても企業にとっても非常に重要なものです。ここで紹介させていただいた受注管理の過程はご理解して頂けたでしょうか。
受注管理は非常に多くの業務があり、手作業で行う場合はミスもでてしまったり、人件費も多くかかっていきます。そのようなお悩みを解決したい場合は受注管理システムがおすすめです。自社に最適な受注管理システムを導入して、効率化、自動化を行いましょう。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録