学べる倉庫見学会開催中!

物流とは?|物流とロジスティクスの違い


物流とは、一般の企業がその商品を消費者(お客様)へお届けする過程のことを指します。単に商品を運ぶだけでなく、商品の保管、包装など消費者へ届けるまでに必要な項目が、ここでいう物流の過程に含まれています。

物流は、流通を構成する一つといえます。
この流通を一元して管理しているのがロジスティクスです。

ものの流れを一元して管理する事で、
スピードでムダがない物流のプロセスを実現して、物流全体を最適化してくれます。

今回は、物流とロジスティクスの違いや物流の重要性についてご紹介していきます。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください!

物流倉庫とは|物流倉庫の種類や業務などわかりやすく解説

物流とは

物流とは、商品が消費者へ届くまでの「モノの流れ」を指します。
物流とは、商品が消費者へ届くまでの「モノの流れ」を指します。
「モノの流れ」の中には、輸送、保管、荷役、包装、流通加工、情報処理といった
6つの機能が含まれています。
この6つの機能が連携する事で、消費者に商品を届けることが出来るのです。

消費者からすると、注文した商品が手元に届かないと売買した意味がありません。
商品が届かないということは、消費者の信用を失うことにもなるのです。

信用を失わないためにも、スムーズな物流を展開することが、
商品を販売する企業にとっても、重要な要素となります。

スムーズな物流を展開するためにも、物流(モノの流れ)を一元管理しておくのも
重要なポイントとなります。
この物流(モノの流れ)を一元管理する事をロジスティクスといいます。
ロジスティクスは、ムダのない物流プロセスを実現し、
物流全体を最適化してくれるのです。

 

物流とロジスティクスの違い

物流とロジスティクスの違い

物流とロジスティクスは、同義語だと勘違いしてしまう方も多いですが、
簡単にいうとロジスティクスの中に含まれているのが物流となります。

ロジスティクスとは、必要な商品を、必要な時に、必要な場所に、必要な数量だけ、供給する仕組みのことを指します。
物流とロジスティクスの違いは、この仕組みにあります。

つまり物流とロジスティクスの違いは、商品の調達、生産、保管、輸送に至る
モノの一連の流れを物流と呼び、
この一連の流れを元管理する事をロジスティクスと呼びます。

従来の物流は、生産と流通を分けて考えることが多くありました。
生産と流通を分けて考えるのではなく、
両方を効率よく情報共有する事で強みを発揮してくれるのです。

▼こちらの記事も合わせて御覧ください

ロジスティクスとは|物流業界を取り巻く大きな課題

物流の目的

物流の目的とは、商品の生産と消費の間にある時間的ギャップと空間的ギャップを埋めることです。

物流の目的とは、
商品の生産と消費の間にある時間的ギャップと空間的ギャップを埋めることです。
どれだけ素晴らしい商品であっても、
物流(モノの流れ)がしっかり機能していなければ、消費者の元に商品が届くことはありません。

また、物流が少し遅れるだけでも大きな損害をもたらす恐れがあるのです。
つまり物流を正しく機能させることは、企業活動の中で重要な要因となります。

「ここ最近で業績が落ちた…」などの悩みがある場合は、
この物流の観点で考えてみると課題を見つけられることもあります。

近年では、物流の考え方が少しづつ定着しており、
物流を重視した業務効率化に取り組む企業が多くなりつつあります。

これからの物流

これからの物流

物流サービスは、インターネット通販の普及に伴い、年々コストが上昇しているといわれています。
物流に含まれるコストは、
入庫・在庫管理・出荷といった商品の発送までに必要となる作業費用や
人件費や倉庫管理費用など様々です。

自社でだけで物流を行うとなると、
取り扱う商品によっては繁忙期にあった大きさの倉庫(保管スペース)や設備などが必要となります。
通常であれば掛からない費用が発生する事もあるので、
コスト面を考えると非効率とも言えます。

近年、物流アウトソーシングをする企業が増えてきています。
今後も、物流アウトソーシングする会社を利用する企業は増えていくでしょう。

物流を代行してくれる会社に任せることで自社の実態に合わせて対応してくれることも多いことから、利用されることが多くなることが考えられるのです。

まとめ

・物流とは、商品が消費者へ届くまでの「モノの流れ」を指します。
・スムーズな物流を展開するためにも、物流(モノの流れ)を一元管理しておくのも重要なポイント
・物流の目的とは、商品の生産と消費の間にある時間的ギャップと空間的ギャップを埋めること

自社の物流を改めて見直し、スピードでムダがない物流のプロセスを実現して、
物流全体の最適化を目指しましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録