物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

TMS(輸配送管理システム)とは?|物流との関係性や、そのメリット・デメリット


TMSとは

TMSとは「Transport Management System」の略で、輸送トラックを無駄なく効率よく配車しなければならない近年の物流業のトラックドライバーの深刻な人手不足や残業過多などの問題点を解決するシステムです。

TMSは、商品が物流センターから出荷された後からお届け先までの輸送に関する情報をトータル的に管理する機能があり、TMSで今まで配車する人が行っていた作業を情報化、システム化する事により物流現場の作業を効率化することができます

今回は現在多くの企業が取り入れているTMSのシステムはどんな機能があるか、どのようなメリットがあるかご紹介していきます。

TMSとは?

TMSとは

TMS(輸配送管理システム)とは、物流企業が所有している輸配送に使用されるトラックの移動データやトラックの配車を管理し、輸送に使用される経費の管理や燃料代の管理をオンライン上で行うことができるシステムです。

TMSでシステム化することにより経理や運営を担当する責任者などの一般業務を効率化することが可能で、経費の削減人件費の削減、さらに業務品質を向上させたり、生産性を上げたりすることができます。

物流管理システムにはTMSの他にもWMSがあり、
どちらも物流の基盤を支える存在です。

WMSとは、商品の入荷・保管・出荷までの庫内の流れを担う、
倉庫管理システムのことを指します。

>WMSの詳細は、こちらからご覧いただけます

TMSの機能とは?

TMSの機能とは

TMSは輸送・配送に特化しているシステムです。

主な機能は、自社が管理している配送車がどのようなルートでどのくらいの荷物を積載し、どこを走行しているかがリアルタイムで把握することができ、

作業効率の悪い場合だったり、業務が過多になっている従業員などを数値化し、作業量や生産性を向上し、業務管理する機能

出荷された荷物がどのトラックでどこを走行中なのかをリアルタイムで管理することでスムーズに荷物状況の管理ができる貨物の追跡機能

日々の業務で各トラックがどれくらい走って、どれくらい燃料を使用したか管理し生産性を数値化して、作業効率が均一化されるように自動計算する機能などがあります。

これらがTMSの主な機能です。

デポについてはこちら

TMSのメリットとは?

TMSのメリットとは

TMSを導入することにより、50%以上が配送時の人件費や走行時の燃料費などになる物流コストを数値化し、自動計算、または各部署でデータ共有することでストを軽減することができます。

もし、TMSを使用せずに人手のみでアナログ管理すると、過剰積載あるいは運搬量が少なく貨物車内スペースが余ってしまうことが起こる可能性があります。

TMSを導入するとこれらの人的ミスがなくなります。

TMSのデメリットとは?

TMSのデメリットとは

TMSにもデメリットが存在しており、主なデメリットは2つあります。

一つ目は、自社似合ったTMSを導入するには多くのコストと手間がかかります。

自社にあったシステムを導入しなければならないので、自社の強化が必要な所を分析したり、ニーズを分析し、物流会社と相談しなければ成りません。

さらに、TMSの設備を導入するには多大な費用がかかり、費用対効果を出すのに何年もかかったりする場合もあります。

二つ目は社内でのサービスの浸透に時間がかかってしまうことがです。

TMSを導入すると物流システムに大きな変更があるため全社員への研修が必要となってきます。

TMSを選ぶポイントとは?

TMSを選ぶポイントとは

TMSは輸配送に関わるほとんどの業務を管理することができますが、TMSを導入する場合は、自分の会社をどのように改善していけばいいかのビジョンを明確にすることが必要です。

例えば、今現在トラックの数が多すぎて配車スタッフが多い場合は配車管理システムが強い、だれでもTMSが自動に計算して配車管理できるシステムを導入するなどです。

ラストワンマイルとは|物流におけるラストワンマイルの必要性と課題

まとめ

TMS(輸送管理システム)を導入する場合に大きい規模での設備投資だったり、多くの資金が必要になってきますが、物流コストの軽減や、従業員の業務過多や業務の軽減、効率化をしなければならない物流企業にとって必要不可欠のシステムであるといえます。

TMSの依頼を受けている物流企業システム会社もいろいろな悩みを持つ企業に対して柔軟に対応できるようにシステム会社でカスタマイズすることが可能です。

予算に対応したTMSをシステム会社とともに作り上げることが大切なことです。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録