物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

高層ラック

高層ラック

高層ラックとは

高層ラックとは
高層ラックとは、商品をバラやケースで保管するタイプのお客様に適した、多品種少量保管向けラックです。
上層空間を活かすことができ、効率的な商品保管を実現することができます。

高層ラックのメリット

高層ラックのメリット
高層ラックのメリットは、上層空間を活かした大量保管が可能な点です。
また、ハイピックランナーとの併用により、保管効率とともにピッキング効率も改善することができます。

そのため、高層ラックを使用する商品の在庫をラック上層部に保管することで、スペースの有効活用を行うこともでき、
さらに、連結して設置することで省スペース化とともに耐震性能の向上にも繋がります。

高層ラックのデメリット

高層ラックのデメリット
デメリットとしては、重量ラックに比べ積載荷重が少なく
利用できる荷物の種類が限られていることがあげられます。

また、上層部の在庫をピッキングする際にはハイピックランナーなどのマシーンを使う必要があるため、
出荷頻度の高い商品の保管には向いていません。

まとめ

高層ラックは、上層空間を活かして効率的な商品保管が可能なラックで、
多品種少量の商品を取り扱うお客様には最も適したラックだといえます。

雑貨類やアパレル小物だけでなく、
アウトソーシングの収納サービスで預かる書類やダンボールなどの保管にも使用されています。
バラやケースで保管するタイプの商品の管理には、高層ラックの使用を考えてみてはいかがでしょうか。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録