物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

PDCAとは

PDCA

PDCAとは

計画(PLAN)を立て、実行(DO)し、チェック(CHECK)し、改善(ACT)することの意味です。

PDCAはセルフマネジメントメゾットの基礎として様々なビジネスの現場で使用されており、
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階サイクルを繰り返すことによって、業務を継続的に改善していきます。

【Plan】

計画
実績やデータ、今後の予想を元にして業務計画を立てていきます。

<注意Point>
1.目標の設定を明確にし、目標を達成するための計画を立てます。

【Do】

実行
計画に沿って業務を実行していきます。
また、Doには計画を試行し検証する意味も含まれています。

<注意するPoint>
1.一気に全て行わず、1つずつ行なっていきます
2.目標に対しての進捗や結果の記録をとる
3.計画通り進めない場合の原因なども記録します

【Check】

チェック
実行した業務の実績が計画に沿っているかの評価を行います。

<注意Point>
1.計画に沿って実行できたか確認を行います。
2.計画通りに実行して、設定した目標を達成できたか評価します。

【Act】

改善
実施が計画に沿っていない部分を調べて改善します。

<注意するPoint>
1.上手くいった場合、引き続き計画通りに行います。
2.計画通り進める中で上手くいかなかったことを改善してもう1度行います。
3.思い通りの成果が出なかった場合、計画の見直しを行います。

このように、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を1週したら、またPlanから行うというように、繰り返しPDCAサイクルを回すことによって各段階のレベルアップを行い継続的に業務を改善していきます。

PDCAのメリット

メリット
目標を決めて計画を作成するので、目標がぶれることなく、1つ1つの作業が明確になり集中して業務を行うことができます。
また、計画に基づいた評価も行いますので、その計画でいいのか、課題の問題点も明確になり、改善しやすくなります。

PDCAのデメリット

デメリット
計画を決める段階が非常に重要になってくるため、計画や目標がしっかり定まっていないと、具体的な結果が見えて来ません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
PDCAを回すことによって、今まで行っていた業務の問題点が見えてきます。
PDCAのポイントを押さえて、業務をどんどん改善していきましょう。

今回のポイントは下記になります。
・PDCAは、計画(PLAN)をたて、実行(DO)し、チェック(CHECK)し、改善(ACT)することです。
・PDCAを回すことによって業務の問題点が浮かび上がり、改善に繋がります。
・目標と計画は具体的に決めることが重要です。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録