物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

GTP(Goods to person)とは

GTpとは

GTPとは

GTPとはGoods to personの略称です。
物流センターにおいてロボットに商品棚を運ばせることによって、従来の人が商品棚まで足を運ぶという方法を無くします。
それによって商品の棚入れ・ピッキング工程において大幅な改善が見込めます。

メリット

倉庫
ロボットが商品棚を運んでくれるため、作業者にかかる負担が削減されます。
また、そのことによって作業者の導線に必要なスペースの削減と作業者の歩行距離の削減によって、作業スピードが上がり、生産性もアップします。

デメリット

倉庫
倉庫全体がある程度の規模がない場合、導入費に対してコスト削減に繋がらない。
導入に当たって、倉庫全体のレイアウトの見直しオペレーションの見直しが必要になります。

物流ロボットGTPとAMR

ロボット運搬
物流ロボットには人のところまで荷物を運んでくるGTP以外に、人と一緒に働くAMRというロボットがあります。

AMRはAutonomous Mobile Robotの略称です。
GTPがある程度規模のある大きな倉庫で省人効果(単位経済活動あたりの労働時間を減少させること)を発揮するのに対して、AMRは既存のオペレーションを生かし、効率化を進めるためのロボットという位置付けになります。

まとめ

GTPは今後の物流業界に置いてますます注目されていくシステムです。
GTPのポイントになります。
・GTPは物流センターにおいてロボットに商品棚を運ばせる
・規模の大きな物流倉庫で省人効果を発揮
GTPAMRを使い分ける事が重要になる


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録