物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

ロボットマテハン

ロボットマテハンとは


倉庫内で機械を使った作業全般を意味します。
マテハンとは、マテリアル・ハンドリングの略を指します。
商品の入荷から出荷まであらゆる場面でマテハンは使われています。

ロボットマテハンの種類


WMS(倉庫管理システム)、ゲートアソートシステム、RFID、PaLS、ハイピックランナー、キャリーサイクル、RPAなどがあります。
物流倉庫内での人材確保が難しいのが現状ではありますが、作業をロボットに切り替えることで人手不足の悩みが解消されます。
また、このロボットによる自動化の取り組みは、今後も増え続けるでしょう。

ロボットマテハンのメリット


>メリット
マテハン機器は、モノを持ち上げたり、移動したりといった力仕事を助けるといったイメージがありますが、それだけではありません。
業務の生産性向上や商品の品質アップに繋がります。
商品のあるところや、商品が移動する全ての場面で役に立ちます。

>デメリット
機器にトラブルが発生すると、稼働が全て止まってしまい業務に影響が出てしまうことがあります。
また、マテハン機器やロボットシステムに偏った業務内容だと、季節や商品の出荷数によってシステムの稼働率に左右されてしまうので注意が必要となります。

まとめ

・ロボットマテハンとは、資材や部品などの移送や搬送などに利用される産業用ロボットを指す。
・ロボットによる自動化が進むと、作業者の人手不足が解消される。
・ロボットマテハンを使うことで、業務の生産性向上や品質のアップに繋がる。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録