物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

B to B

B to Bとは


企業間取引を意味します。
BtoBはターゲットが決まっており、取引先も固定されています。
BtoBのビジネスモデルは企業が企業に対してモノやサービスを提供するものになります。
“Business to Business”の略称になり、B2Bと呼ばれることもあります。

B to BとB to Cの違いとは


企業間取引のBtoBに対し、BtoCは企業と消費者間の取引を意味します。
一般消費者が企業に代金を支払って商品やサービスを購入するといった取引がBtoCになります。
主に、店頭での買い物や飲食店での食事といった取引があります。

BtoCは、BtoBに比べ受注単価は低いです。
いかに商品やサービスを「多く」売り上げるか、がポイントとなるビジネスになります。
BtoCにおける成長の高いビジネスは、EC事業(インターネット通信販売)です。

BtoCについて詳しくはこちら

BtoB特徴


企業同士の取引になるので、受注単価が大きく、また継続的な取引関係になることが多いので
安定した収益が見込まれるのが特徴です。
購入までに時間はかかるものの、大きな市場規模を誇る点がBtoB取引の特徴です。

また、マスメディア向けのプロモーションは少ない傾向にあります。
新規顧客獲得の集客方法は、対象企業に対し、直接アプローチをするのが
一般的です。

まとめ

・BtoBとは企業間取引を意味する。
・企業間取引のBtoBに対し、BtoCは企業と消費者間の取引を意味する。
・BtoBの特徴として、企業同士の取引は、取引額も高く、継続的に取引が行われるので
安定した収益が見込まれる。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録