物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        
{ "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "mainEntity": [{ "@type": "Question", "name": "チャーター便とは?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "、特定の荷主の商品を通常トラック1台を契約して運配送を行う方法のことです" } }] }

チャーター便

チャーター便とは

チャーター便とは?
一般的にチャーター便とは特定の目的を満たす為に交通機関や輸送機関の1部、または全てを貸し切ることを指します。
その中でも物流においてのチャーター便とは、特定の荷主の商品を、通常トラック1台を契約して運配送を行う方法のことを指します。

チャーター便のメリット&デメリット

チャーター便のメリット&デメリット
チャーター便は高いイメージがありますが、大量の商品を運ぶ場合には混合便よりチャーター便の方が安くつく場合があります。
更に他の荷主の商品が無いことによって商品を希望の順番希望の日時に届けられ、ニオイ移り破損汚損のトラブルも減ります。
しかし、運ぶ商品が少量の場合は割高になってしまいます。

チャーター便と混在便の違い

チャーター便と混合便の違い
チャーター便と混在便野大きな違いは、利用料金と日時指定できるか出来ないかというところにあります。

チャーター便はトラックを貸し切って利用するため、大量の荷物をまとめて送る事ができます。
また、目的地まで直接向かってくれるため、輸送時間を削減し、荷物の細かい日時指定も出来ます。
しかし、大量の商品を1度に運ばない場合、混在便に比べると、どうしても利用料金は高くなってしまいます。

混在便とは、複数の荷主が共同で1つのトラックを使用し荷物を運ぶ為、安価な利用料金で運べます。
しかし、複数に荷物を1つ1つの目的地に運ぶため時間がかかってしまうことと、荷物の細かい日時指定が出来ないというデメリットもあります。
また、混在便はチャーター便に比べ破損のリスクが高まり、他の荷主の荷物を汚してしまった場合、補償を求められる場合もあります。

まとめ

以下がチャーター便の内容となります。
・チャーター便とは、特定の荷主の商品を、通常トラック1台を契約して運配送を行う方法のことを指します。
大量の商品を1度に運ぶ場合、混合便よりも安く付く場合があります。
日時を細かく指定することが出来ます。

ポイントを押さえて、チャーター便と混合便を上手く使い分けていきましょう。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録