チャーター便とは

チャーター便とは?

チャーター便とは?
チャーター便とは、特定の目的を満たす為に交通機関や輸送機関の1部、または全てを貸し切ることを指します。
その中でも物流においてのチャーター便とは、特定の荷主の商品を、通常トラック1台を契約して運配送を行う方法のことを指します。

チャーター便の料金の基準について

チャーター便の料金の基準について

チャーター便の料金の基準は、輸送距離やトラックの積載量、オプションによって決定されます。
通常、トラックの積載量や輸送距離が大きいほど料金は高くなります。
例えば、10kmの距離であれば、軽車両の料金が5,000~6,000円、10tトラックの料金が27,000~30,000円程度です。
距離が長くなるにつれて料金も増加しますが、トラックの積載量やオプションによっても異なります。
料金の相場を把握し、適切なトラックと輸送条件を選択することが重要です。

チャーター便の有効活用

チャーター便の有効活用

チャーター便の有効活用はいくつかあります。
まず、特殊な形状や大きさの商品を輸送する場合に適しています。
混載便では扱いにくい大型家具や長尺の建材などは、チャーター便で直接輸送することができます。
また、商品の破損リスクを最小限に抑えたい場合や、品質を維持しながら発送したい場合もチャーター便が適しています。
さらに、大量の商品を一箇所にまとめて輸送したい場合や、細かい発着時間を指定したい場合もチャーター便を活用するべきです。
特に急な発送や時間指定が必要な場合には、チャーター便の柔軟な対応が有効です。

チャーター便の依頼手続き

チャーター便の依頼手続き

チャーター便の依頼手続きは二つあります。まず、物流業者に直接依頼する方法です。
大手宅配会社から地域の中小企業まで、様々な企業がチャーター便を取り扱っています。
依頼は公式サイトや電話で行い、運送会社が荷物の詳細を確認し、車種や輸送方法を提案します。
料金の見積もりが提示され、契約完了後にドライバーが荷物を集荷し、目的地まで輸送します。
もう一つの方法は、個人に依頼する方法です。配送マッチングサービスを利用すると、
自分の荷物と目的地、輸送にかかる時間や見積もりが表示され、対応できるドライバーが掲載されます。
マッチング後にドライバーが集荷し、輸送完了後に支払いを行います。

チャーター便のメリット&デメリット

チャーター便のメリット&デメリット
チャーター便は高いイメージがありますが、大量の商品を運ぶ場合には混合便よりチャーター便の方が安くつく場合があります。
更に他の荷主の商品が無いことによって商品を希望の順番希望の日時に届けられ、ニオイ移り破損汚損のトラブルも減ります。
しかし、運ぶ商品が少量の場合は割高になってしまいます。

チャーター便と混在便の違い

チャーター便と混合便の違い
チャーター便と混在便野大きな違いは、利用料金と日時指定できるか出来ないかというところにあります。

チャーター便はトラックを貸し切って利用するため、大量の荷物をまとめて送る事ができます。
また、目的地まで直接向かってくれるため、輸送時間を削減し、荷物の細かい日時指定も出来ます。
しかし、大量の商品を1度に運ばない場合、混在便に比べると、どうしても利用料金は高くなってしまいます。

混在便とは、複数の荷主が共同で1つのトラックを使用し荷物を運ぶ為、安価な利用料金で運べます。
しかし、複数に荷物を1つ1つの目的地に運ぶため時間がかかってしまうことと、荷物の細かい日時指定が出来ないというデメリットもあります。
また、混在便はチャーター便に比べ破損のリスクが高まり、他の荷主の荷物を汚してしまった場合、補償を求められる場合もあります。

まとめ

以下がチャーター便の内容となります。
・チャーター便とは、特定の荷主の商品を、通常トラック1台を契約して運配送を行う方法のことを指します。
大量の商品を1度に運ぶ場合、混合便よりも安く付く場合があります。
日時を細かく指定することが出来ます。

ポイントを押さえて、チャーター便と混合便を上手く使い分けていきましょう。

▼物流の仕組みについて詳しくはこちら
https://www.kantsu.com/terms/cat/contrivance


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録