物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        
関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

ECサイトの受注処理業務を自動化するサービス 「e.can(イーキャン)」を開始


EC・通販物流支援サービスを中心とした物流サービス事業の株式会社関通(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長 達城 久裕)は、ECサイトの受注処理(注文受付から、物流現場の出荷作業用のデータ生成、カスタマーへの完了報告等の事務作業)内で発生する、受注伝票の書き換え作業を自動化するシステム、「e.can(イーキャン)」の販売を開始したことをお知らせいたします。

ecanとは

「e.can」開発の背景

株式会社関通では2011年よりECサイトの受注処理代行サービスを行っております。
ネットショップ様が受注処理を課題としている理由が成長への対応と品質の保持です。
ECサイトの受注処理は、分岐の多い作業となり教育にも時間がかかります。セールや繁忙期で受注件数が増えれば増えるほど、作業に負担がかかりボトルネックとなることが現状です。注文が増えたが受注処理が追い付かず、現場作業にも支障が出るということも多く起こっています。
そのためネットショップ様の更なる成長対応・品質保持のために、この度「e.can」というシステムリリースすることになりました。

「e.can」はプログラム言語の知識がなくとも、利用できるシステムです。店舗の販売状況にあわせ、カスタマーの購入条件と処理内容をマスタに登録し、更新実行の操作を行えば、自動処理で受注伝票の書き換え作業が実行される仕組みとなっております。

例えば、カスタマーへのお届け先に応じた日時や発送便の変更、注文条件に応じた発送便の判別や、ラッピング・おまけの付与など、従来は1件ずつ検索して処理をしていた細やかな作業を、自動化させることができます。
また、こちらはHamee株式会社(本社:神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2、代表取締役社長 樋口 敦士)が提供するクラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の公式アプリケーションとなっております。

e.canを活用し受注処理のスピードが上がることで、物流現場の作業開始時間が前倒しになります。そうすることで、1日の対応件数も引き上げることができ、成長対応できる強いバックヤードが構築できます。

「e.can」は約300社が導入してる有限会社となりィ経営システム(本社: 大阪市中央区南新町1-2-4 代表取締役社長 山岸 弘基)が開発した受注処理自動化システムのエンジンを積んでいます。当社の受注処理ノウハウとを組み合わせ、お客様のサポートを手厚くし、より多くのネットショップが導入できるように、システムリリースさせていただきました。

e.canバナー

 

e.canの設定画面▼
「ネクストエンジン」と項目を合わせ、お客様が操作に迷わないように設計しています。
e.canの設定画面

 

「e.can」の設定の更新実行画面▼
下記は、注文時に選択される商品オプションに、「gift」という文字列が含まれている注文に対し、「商品コード g0001」のアイテムを追加する設定画面です。
本来は1件ずつ手動で商品追加し伝票更新を行う作業ですが、このようにルール設定をし、更新実行することで、条件に対する自動一括更新が行えるようになります。
e.canの設定の更新実行画面

 

例えば、下記のような作業を自動化することができます。カスタマーに対する細かいご対応も、ミスなくかつスピーディに実施できるようになります。
e.can自動化内容

 

受注処理業務のアウトソーシングも対応いたします

受注処理を自社で行わず、関通に委託する「e.can Plus(イーキャンプラス)」のサービスもご提供しております。関通の受注処理のアウトソーシングは元のオペレーションをそのままお受けするのではなく、「e.can」を活用しオペレーションを改善した上で取り組ませていただきます。ショップの成長により対応できる、強いバックヤードを構築いたします。

e.canサービスページはこちら▼
https://ecan.co.jp/

今後の展開

「e.can」は、すでに利用開始している企業様もおり、成約と引き合いも引き続き進んでおります。
今後はこの「e.can」を通して、受注処理が販売のボトルネックとなっている企業様の悩みを解決し、サポートを行っていきます。

■サービスに関するお問合せ窓口
TEL:0800-555-0500
MAIL:info@kantsu.com

e.canバナー

年間400社700万個の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録