学べる倉庫見学会開催中!

RFIDとは?|RFIDのメリットとデメリット


RFIDとは、
商品についた「タグ」とそのタグを読み取る「装置」の間で電磁気を更新させて、
非接触で情報の読み書きができるシステムです。

RFIDを利用する事で、通常であれば、
商品についたバーコードをレーザーなどを使って1枚づつスキャンするのに対して、
電波を使ってタグを複数一気にスキャンすることが可能です。

今回は、RFIDの特徴や、メリット、デメリットなどを踏まえてRFIDの基本についてご紹介していきます。

RFIDとは

RFIDとは

RFIDとは、Radio Frequency Identificationの略で、
非接触型のスキャンシステムです。
商品にバーコードではなく、電子情報が記憶された「RFタグ」を貼り付け、
専用の読み取り機器で電子情報を読み込む事ができます。

RFIDは、電波を使い情報の保管・出力ができるシステムで、
物流だけでなく皆さんが日々使用している電子IDや電子マネーなども
RFIDを使用しています。
最近では、アパレルショップなどでも利用されています。

RFIDの特徴

RFIDの特徴

ここではRFIDの特徴について紹介していきます。

◎複数のタグを一括で読み取れる
通常であれば、商品バーコードを読み取る際、
1点1点商品の読み取りを行わなければいけないので、
手間と時間が掛かってしまいます。
RFIDは、商品のバーコードを1点1点スキャンする必要がなく、
専用のスキャナーをかざすだけでタグを一括で読み取る事が可能です。

◎遠い距離でも読取が可能
通常であれば、高い位置にある商品は脚立をしようしたり、
商品を読み取るたびに商品を下におろす手間などが発生します。
RFIDであれば、高い位置にある商品のも脚立等を使わず読み取ることが可能です。

◎箱の開封をせずにタグが読み取れる
RFIDは、箱を開封しなくても箱の上から専用スキャナーをかざすだけで
バーコードの読み取りができるので、作業効率の向上に繋がります。

◎使用環境を気にせず使える
例えば、タグの上にテープが貼り付けられていたり、
汚れが付着していてもタグの情報を読み取ることができるので
使用環境を気にせず使用する事ができます。

RFIDとバーコードの違い

RFIDとバーコードの違い

RFIDとバーコードの大きな違いは、情報の読み取り方です。

RFIDは、「通信」を使って情報を読み取っています。
タグの種類は大きく分けて2つあり、種類によって読み取り方法が変わります。

◎パッシブ型
バッテリーが内蔵されていない「パッシブ型」であれば
リーダライタ(情報を読み書きする機械)から発信さえた電波が動力源となり、
メモリ内にある情報を電子信号として発信します。
この電子信号をリーダライタが受信することで読取が可能となります。
また、読み取った情報は上位システムに蓄積され、
データの閲覧や処理をすることができます。
電波を受信できる距離は数センチとされており、比較的短いですが、
受信と発信の距離を変えることが特徴としてあります。

◎アクティブ型
バッテリーが内蔵された「アクティブ型」であれば、電波をRFタグ自ら発信し、
発信された電波をリーダライタが受信することで情報を読み取ります。
電波通信可能距離が1~100メートル以上と比較的広く
や物など動くもの使用されるケースが多いのが特徴としてあります。

一方でバーコードは、スペースとバーの太さによって表記された情報を、
バーコードリーダで読み取ります。

RFIDのメリット

RFIDのメリット

RFIDの最大のメリットは、業務効率をアップさせられることです。

通常のバーコードの性質上、どうしても1点1点スキャンして確認しなくてはいけないので、時間や手間が発生してしまいます。
RFIDであれば、複数の商品情報を一括で読み取ることが出来るので、
商品の入荷時や、検品、棚卸時の負担も軽減することができます。

また、RFタグ(商品情報が内蔵された数ミリ程度の記憶媒体)は
オンリー型とライトワンス型、そしてリードライト型の3種類があり、
それぞれの種類によってデータの書き込み、書き換えが可能となります。

・オンリー型…データの追加書き込みができません
・リードオンリー型…1度だけデータを追加で書き込むことができます
・リードライト型…何度でもデータを書き換えることができます

RFIDのデメリット

RFIDのデメリット

RFIDには、いくつかのメリットがありますが、やはりデメリットもあります。

RFIDを使用するのに、専用のデータせーす管理用PCや専用読み取り機器、
データを読み込むためのRFタグが必要となるため、
バーコードよりも導入費用が高いといったデメリットがあります。

また、何かしらのミスで商品情報が読み取れなかった場合の
RFタグを特定することが難しいとされているのもRFIDのデメリットとなります。
RFIDを導入すする際は、作業ルールをしっかり決めておくことをおすすめします。

RFID活用事例

RFID活用事例

今回はアパレル会社でのRFID活用事例をご紹介します。

◎商品の検品作業
従来のバーコードであれば商品についたタグを1枚1枚読み取る必要がありました。
ですが、商品に電子タグ(RFID)を埋め込んでおくことで、
1枚づつ商品を読み取る必要がなく、
複数タグを一括で読み取ることが可能となります。
そうすることで、作業の効率化や作業時間の削減を実現することができます。

◎在庫管理
一般的な棚卸しは、商品についたタグを1枚1枚読み取る必要がありますが、
RFIDを使うことで段ボールに入ったまま商品情報を読み取ることができます。

また、商品を購入した際、RFタグを認識させることで「商品が○点減った」
ということも情報化してくれるため、現状在庫をリアルタイムで確認することができます。
皆さんがなにげなく利用している、箱に物を入れただけで購入が完了できる
無人のセルフレジもRFIDの仕組みが取り入れられています。

\\株式会社関通でもRFIDを導入しています!//
https://www.kantsu.com/news/2998/

まとめ

・RFIDの最大のメリットは、業務効率をアップさせられること
・複数のタグを一括で読み取れる
・箱の開封をせずにタグが読み取れる
・使用環境を気にせず使える

RFIDには、それぞれメリットとデメリットがありますが、
ルールを統一し正しい工程で作業を行っていれば、
商品管理がスムーズになり作業効率化を実現することが出来るので、
ぜひ導入を検討してはいかがでしょうか。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録