関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

ブロックチェーンとは?今後、普及が期待される仕組みを解説


ブロックチェーンとは、仮想通貨における自律分散型デジタル通貨と、分散型台帳との一連の仕組み、いわゆるネットワークの取引データ技術のことを指します。
ブロックチェーンは、中核をもたず、分散して管理されるシステムで、利用ユーザーそれぞれにそのデータが保存されます。
また、このブロックチェーンは通貨だけではなく、様々なビジネスで利用できるとされております。今回は仕組みなどの基本的な理解と、物流においてこの仕組みがどう影響をもたらすのかを説明します。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、仮想通貨においての取引データの仕組みを指します。
ブロックチェーン=仮想通貨ではなく、あくまで仮想通貨における仕組みで、仮想通貨はその仕組みを使っているということになります。
ブロックチェーンの言葉の由来は、複数の取引履歴(=トランザクション)をまとめたものをブロックと呼び、このブロックがチェーンのようにつながることから呼ばれています。

ブロックチェーンの基本的な仕組み

ブロックチェーンの基本的な仕組み

ブロックチェーンの仕組みは、ユーザー同士がつながるP2P技術を応用して作られており、それぞれが管理できるシステムです。
分散型取引台帳とも言われています。
また、取引の記録は全てハッシュ関数で暗号化されるため、理論上改ざんが不可能と言われています。
このハッシュ関数とは、元データから一定の文字数で不規則に文字列を生成する関数のことで、この不規則な文字列のことをハッシュ値といいます。
またこのハッシュ関数は、不可逆性をもち、元データを読み取ることができません

ブロックチェーンのハッシュ関数について

ブロック内には、このハッシュ関数に変換されたトランザクションと、直前のブロックのデータのハッシュ値が存在します。
直前のハッシュ値と、ブロック内にある特別な数字(=ナンス値)を見つけることで整合性を取ります

また、このブロックチェーンは誰でもBlockchain.infoで閲覧することができます。
この閲覧内容は、件数、量、ハッシュ値、前のブロックのハッシュ値の4つです
あくまで見れるのは、「履歴」のみですので、内容の詳細は確認できません。

整合性の確認と承認には、とてつもない計算が必要です。
この承認の作業を「マイニング」といい、採掘という意味です。
不正がないことを証明する仕組みを「proof of work(仕事の証明)」と言います。
仮想通貨において、これを成功させると報酬が支払われるというシステムがあり、これを「新規発行」といいます。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは大きく分けて2つの種類に分けることができます。
パブリック型」と「プライベート型」です。

パブリック型

パブリック型とは、パブリックチェーンとも言われ、中央集権な管理ではなく、だれでも参加が自由で、マイニングもできるブロックチェーンのことです。
例として、仮想通貨があります。

プライベート型

プライベート型とは、プライベートチェーンとも言われ、その特徴は、管理者がいることです。マイニングの際には、この管理者による許可でコントロールしています。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンのメリットは、大きく分けて
信頼性
一元管理ではない
不可逆性によるセキュリティ強化
この3つではないでしょうか。

信頼性

ブロックチェーンは、取引記録を参加者全員での管理となりますので、分散型による参加者全員が全データへのアクセスができるので、そのデータの透明性(=信頼性)があります

一元管理ではない

いわゆる中央集権化を防ぐ点でのメリットといえます。
ブロックチェーンの構造上、分散型によってシステムが実質的にダウンしないからです。

不可逆性によるセキュリティ強化

ブロックチェーンによるデータや情報の管理を行うことで、情報の改ざんなどは理論上不可能となります。

先にも書きましたが、ブロックチェーンのデータは全てハッシュ関数によって暗号化されています。
また、一度生成されたトランザクションは元のデータに戻せない不可逆性を持っています。
よってブロックチェーン内のデータは、実質改ざんができませんので、セキュリティ面での強化ができると言えます。

ブロックチェーンの課題

課題として挙げられるのは、やはりまだ活用をスタートさせた段階であるということで、処理のスピードです。
データの分散管理や、リアルタイム性の処理を行うには、まだまだ遅いといえる段階です。

逆にブロックチェーンの持つセキュリティ面においては、メリットは大きいです。
従来のシステムは、サーバーへの負担が大きいですが、このブロックチェーンの仕組みであれば、サーバーへの負荷は大きく削減されると考えられます。
新しい技術として、まだまだ課題はありますが、これからも期待の集まる技術といえます。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録