物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

物流業務において「保管」の重要性とは?


 物流業務において「保管」の重要性とは?

物流業務において、「保管」は非常に重要な業務の1つになります。

保管をうまく行うことができれば、
作業効率アップを図ることができ、コストの削減にも繋がります

「保管」とは倉庫などで商品や荷物をお預かりし、管理することです。

商品や荷物が入庫してから、
所定のロケーションで在庫管理をし発送するまでの流れをスムーズにすることが目的となるので、
商品や荷物の数量や品質を正しく管理しなければなりません。

今回の記事では、「物流業務における保管の重要性」、「物流保管のポイント」、「保管時の注意点」についてご説明していきます。

物流業務における保管の重要性

物流業務における保管の重要性

物流業務における保管とは、
倉庫などのある一定の場所で商品や荷物を預かり、品質や数量を適正に管理することです。

保管は、生産と消費の時間的ギャップを埋めるために商品を一定の期間貯えることが目的ですが、ただ商品を保管するだけではありません。

物流センターでは、お客様が必要とされる商品を、お客様が必要とされる量とタイミングで出荷することが重要となります。

そのため、商品が入荷した際に正しくロケーション管理が出来るよう入庫処理を行い、必要に応じて素早く出荷出来るよう数量や品質を正しく在庫管理しなければなりません。

保管場所が分かりづらかったりすると、ピッキングに時間がかかってしまったり、
商品が紛失してしまうなどのミスが起きやすくなり、
お客様に御迷惑をおかけしてしまう可能性があります。

そのようなミスが起こらないためにも、物流業務における保管は非常に重要です。

物流倉庫における保管のポイント

物流業務における保管のポイント

物流倉庫の保管でポイントとなるのが「ロケーション管理」です。

ロケーションとは、商品を保管する場所(住所)を言い、「棚番号」で管理します。
ロケーション管理では、決められたロケーションに商品があるので、
誰でも簡単に「どこに何の商品が置いてあるのか」がわかるようになります。

このロケーションを上手く管理することで、
入庫の際の「棚入れ」作業や、出庫の際の「ピッキング」作業を
効率よく行うことが出来ます。

ロケーション管理をしっかり行い、業務効率化に繋げましょう。

保管時の注意点

保管時の注意点

実際に保管するときに、どのようなことを注意すればいいのでしょうか?
保管時の注意点としては、以下の3つです。

①スペースを有効に活用する

倉庫の寸法から見て利用可能な保管スペースと実際に使用している保管スペースを比較し、無駄なスペースはないか、有効活用できそうなスペースはないかなど検討し直しましょう。

倉庫内の整理整頓や配置の工夫を行うことによって利用可能なスペースは出てくる可能性があります。

平面、高さなどの観点からスペースロスがないのか見直してみましょう。

 

②入庫や出庫の作業を効率的に行えるよう、分かりやすく商品を配置する

多くの商品を出荷していくためには体制を整える必要があります。
効率よくピッキングするにはどのような配置がいいのか、
棚整理や商品の配置を定期的に見直して、改善していきましょう。

また、無駄な在庫(余剰在庫)や品切れを起こさないように、
在庫管理システムで商品を保管しましょう。

③商品にあわせて、温湿度や消費・賞味の期限を適正に管理する

食品など消費・賞味期限のある商品は厳密に温度管理を行う必要があります。
在庫管理システムを使って、システム内で賞味・消費期限、保管温度をすべて記録しておくのが良いでしょう。

▼食品に特化した在庫管理システムはこちら
https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/pro/foods/


保管には上記のような注意点が挙げられます。
注意点を考慮して保管を丁寧に行いましょう。

まとめ

物流業務では「保管」がしっかりできているかどうかで業務品質が大きく変わります。

十分な保管スペースがないと、整理整頓がしにくくなり、
ミスが起こりやすくなってしまいます。
保管時の注意点、ポイントを抑えて、倉庫内の保管量を増やしていきましょう。

当社では、出荷のIE分析を行い、
出荷の生産効率を上げるレイアウト設計を行います。
保管レイアウト、使用什器、生産性の改善に課題を抱えられている方は
是非、関通にお問い合わせください。
https://www.kantsu.com/contact/

 

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録