在庫差異の問題解決! 物流センター・物流倉庫・保管倉庫の改善の第一歩 在庫管理システム(WMS)「トーマス」とは?

物流センター・物流倉庫・保管倉庫のお悩みの多くが
在庫差異です。

物流センターや企業規模・商品を発送する物量関係なく、
在庫差異問題を課題にしている企業様も
たくさんいらっしゃると思います。

もちろん物流業者以外にも
通販サイト様・ECショップ様・メーカー様・商社様・卸業者様・飲食店様・イベント会社様etc・・・
在庫を抱えている、商品を販売している企業様のほとんどには
在庫差異の課題はあると思います。

配送センター代行サービスの株式会社関通では
自社で開発したWMS(在庫管理システム)
「トーマス」をすべての物流現場で使用しております。
また、自社物流の現場で使用するだけではなく
企業様へ販売しております。

▼詳しくはこちら▼
在庫管理システムトーマスご紹介


物流企業様だけでなく、販売業様・通販会社様・商社様などがお使いになっておられます。

6P0C1777

 

在庫管理システム「トーマス」では
ハンディーターミナル(HT)と商品に付着されているバーコード
商品を保管する棚の住所番号(ロケーション)を使用し、
管理を行います。
棚だけではなく、ラックやパレットの管理でも対応可能、
商品の置き場所を指定しない、フリーロケーション管理も可能です。

 

WMS(在庫管理システム)を物流センター現場で開発することは
非常にメリットが高いです。

例えばお客様の声や、時代のニーズに
素早くご対応できます。
セット商品管理・賞味期限管理・出庫禁止管理・バーコード(JANコード発行)など
特殊なご依頼も、自社開発の仕組みであるからこそ柔軟に対応ができます。

また、物流事故・在庫差異・誤出荷問題があれば、
システムを改善し人が使いやすく改良します。
使っている人が現場にいるからこそ、
物流業務に即したシステム改善をすることができます。

また、システムに加え、業務プロセスやルールを見直すことも
物流アウトソーシング(3PL)の関通は得意です。
実際トーマスを使われているお客様のセンターでも
物流コンサルティングをさせていただき
業務改善指導を行うケースもございます。

 

株式会社関通はトーマスのシステム販売も行っておりますので
少しでもご興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください。

▼詳しくはこちら▼
在庫管理システムトーマスご紹介

 


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録