関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

流通とは|商流や物流の関係性などを解説


流通とは、消費者から生産者までの商品やサービスの流れのことを指します。
流通と似ている言葉として、商流物流がありますが、それぞれに意味合いが少し違います。
この流通を理解することで、消費者へ商品やサービスがどのような流れで届くのかがわかります。
Eコマースが生活の一部になりつつある昨今、消費者と生産者の間には必ず流通が存在します。
今回は、この流通について、また物流や商流との関係性などをお伝えしていければと思います。

流通とは

流通とは

流通

流通とは、消費者から生産者までの商品やサービスの流れのことです。

1つの商品に対して、生産者から販売店へモノが移り、最後に消費者に受け渡されるまで、これが流通です。
ということは、ものを運ぶトラックなどの輸送や、物流倉庫内での管理はもちろんですが、実際の売買で小売店が販売を行うことも流通といえます。

またEコマースの発展により、流通はどんどん多様化しています。
EC事業者であれば、オンラインショップから配送業者からご購入者に商品が渡されるまでが流通に含まれるでしょう。

流通、商流、物流の違い

流通、商流、物流の違い
流通は、一連の流れと説明しました。
では、「物流」や「商流」との違いはなんでしょうか?
物流は、モノの地理的な移動(=流れ)です。
また商流は、金銭のやりとりなど、モノの所有権の移動(=流れ)といえます。
流通はおおまかにいえば、この物流と、商流をあわせたものと言えます。

流通の役割とポイント

流通の役割とポイント

流通の役割として、生産者から消費者の間にあるギャップを埋めることではないでしょうか?
時間や距離、空間的な部分を物流が埋め、人のギャップを商流が埋めます。

例えば、大阪府の生産者が、東京都にいる販売者や消費者がいたとします。
その場合、生産者は、東京都までその商品を運ばないといけません。
これは距離的なギャップ、また時間的なギャップが発生します。
そこには人が介在しますので、もちろん人のギャップもあります。
誰に運んでもらうのか?そこに対する対価などです。

では、それぞれのギャップにおけるポイントはなんでしょうか?
まずは、距離的なギャップについてです。
生産者と消費者との間には、必ず距離が発生します
ECでも同様に、消費者が望めばその場で商品が手に入るものではありません。
そこには、生産者、販売者の間に配送業者が介します。
これにより、円滑に消費者へモノを運ぶことができます。

次に人のギャップです。
このギャップ、つまり大きくは商流ですので、所有権や情報などが含まれています。
この所有権などの間に介在するのが、人のギャップです。
生産者は、「次は新商品を出そう!」と思っていても、その情報を消費者は知りません。
ここにギャップが発生します。ここの情報や所有権の流れをスムーズに動かすことが、このギャップの解消に繋がります。

流通で行うこととは

流通で行うこととは

では、流通で発生するそれぞれのギャップに対して、何を行うべきなのか。
距離的なギャップでいえば、非常にシンプルです。
販売者との距離を縮める、もしくは購入者との距離を縮めるです。
例えば、商品の在庫を1拠点管理ではなく、複数拠点で管理することで、
各販売者・消費者への距離も縮めることができます。

人のギャップの解消はどうでしょうか?
情報的な側面で見ると、生産者側で抱えている情報の開示が一番といえるでしょう。
新商品の販売を事前に告知をすることで、消費者への情報の所有権は移ります。
さらには、購買意欲を駆り立てることができれば、
商品にたいする所有権が流れる(=購入)という面もあります。

まとめ

この流通では、物流と商流、両側面での理解が必要となります。
ただし、これらのギャップをすぐに埋めるといったことは、
企業にとっては、なかなか厳しい面もあります。

そういった場合は、例えば物の流れ(=物流)のギャップだけを解消する動きを取るなど、一つひとつのギャップに対して、アクションを起こすのはどうでしょうか?

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録