物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

在庫管理システムとは|在庫管理システムによる物流現場の課題解決


在庫管理システムとは

在庫管理システムとは在庫の数の不足、余分な過剰をなくすためにあるシステムのことを言います。在庫管理システムは、商品の入庫と出庫情報などを入力して、正確な在庫情報を把握・管理していくシステムになります。

在庫管理システムがあることによって、商品全体の数や場所を簡単に把握して共有できるようになります。
今回は、在庫管理システムの重要性、在庫管理システムのメリットについて幅広く皆さんに紹介していきたいと思います。

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは2

在庫管理システムとは、倉庫の中にある在庫の数の不足、余分な過剰をなくすために一限に管理されているシステムのことを言います。

商品の入庫と出庫情報などを端末に入力して、正確な在庫情報を把握・管理していくシステムです。
在庫管理をする時に商品の数が多くて管理が難しい時や、在庫管理をする人が複数人存在しており在庫管理の情報を社員全体に共有しないといけない時でも、在庫管理システムを利用して管理することで業務の効率が大幅に上がります

在庫管理システムを元にそれぞれの業界、業種の企業ごとの業務フローに合わせて、その企業に合わせた在庫管理を確実に行うことで、棚卸しや、入出庫作業が比較的にスムーズに進める事ができるようになります。
在庫管理システムの機能はそれぞれのシステムによって異なりますが、共通して存在している機能が入出庫情報を管理機能できる機能があります。
入庫や出庫、商品の情報を登録するようになっているので商品の名前が把握出来ていなくても商品を検索する機能を使うことですぐに見つかるようになります。

このように在庫管理システムを使用していくことで全体の商品を管理できるので業務をする際に必要なシステムになります。

在庫管理システムの目的

在庫管理システムの目的

在庫管理システムの目的は、全ての在庫がどこにいつ何個あるかということを把握することです。物を製造したり、販売する時に全ての在庫を社員全体で共有していくことが重要になっていきます。

在庫を把握することで商品を販売する時の納期や商品を送る時の配送料を決めるといった調整をすることができます。
在庫管理をする時にEXCELを用いた在庫を管理する際、それなりに在庫情報を管理することが可能です。

しかし、商品によっては一つ一つの商品を製造番号などの詳しい詳細を知りたいことがあります。
また、企業によってセールやイベント時に大量の発注が入った場合、在庫は何個で補うことができるのか、製造後の出荷は何個になるかといった部分の情報を把握しないといけない時もあります。
その調べる作業を早めにしないとならない場合もたくさん出てくるはずです。
在庫管理システムは、在庫があるかどうか把握するだけではなく、製造する時のスケジュールを立てる時や、商品を入荷する時のスケジュール立てる時、様々な商品の動きを知って商品の日々の売れ行きを確認するといった顧客の満足度をより高めたい時に在庫管理システムを使用します。

在庫管理システムを使用することで大幅に時間を削減することができ、在庫に関わるより詳細な情報をすぐに把握することができます。

在庫管理システムのメリット

メリット

在庫管理システムのメリットは、現場で行われる手作業を省くことができることです。

検品作業やピッキング、入出庫作業、在庫確認といった作業に対して在庫管理システムを取り入れることで作業を大幅に効率化することができます。
こうした作業は人の手を通して全て行ってしまうと、長い時間を費やすことになります。

しかし、在庫管理システムではシステムに登録されている情報を共有することで、手作業で毎回データを登録する必要がないのでミスを減らすことができます。在庫管理システムを導入すると、人の手でする必要がない作業を人手が必要である重要な作業に回すことができるので生産する時のリードタイムを抑えることができます。

また在庫管理システムを導入することで、倉庫にある在庫を圧縮することができます。
在庫を圧縮することで上記に説明した作業を最適化することができます。
そのため各業界や業種に合った商品に対して、ニーズに応じて適切な量の在庫を保持していくことでキャッシュフローを良くすることができます

在庫管理システムを入れることで、利益の損失を防ぐことができます。
このように在庫管理システムを、継続的に高い利益を生み出していく仕組みを作ることが可能です。

まとめ

在庫管理システムとは在庫の数の不足、余分な過剰をなくすためにあるシステムのことを言います。
商品の入庫と出庫の情報などを入力して、正確な在庫情報を把握・管理していくシステムになります。

在庫管理システムの目的は全ての在庫がどこに何個あるかという詳細を把握することです。
そのため物を製造したり、販売する時に全ての在庫を社員全体で共有していくことが重要になっていきます。
在庫管理システムのメリットは現場で行われる手作業を省くことができることです。
時間ロスをなくすことで継続的に高い利益を生み出していく仕組みを作ることが可能になります。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録