関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

ピッキングロボットとは|物流倉庫の課題と問題の解決


ピッキングロボットとは、様々な商品を取り出して移動という大変な作業を人間に変わってロボットにピッキングの作業をさせるための機械のことを言います。

ピッキング作業をロボットによって倉庫内の大量にある棚の中から素早く欲しい商品を探し出し、運送の行程の効率化が進んだことでオンライショピング全盛期の今現在、私達は普通にパソコンで手軽にお買い物ができ、最短でその日の内に商品を手にすることができています。このようなスピード対応を可能にしているのはロボット化がすすんできた証と言えるでしょう。

物流におけるピッキングロボットは

ロボット選別

製造業ではもうすでにほとんどの現場でピッキングロボットが使われています。自動車工場などにおいてロボットが様々な部品をロボットが組み立てたりしているのはテレビなどで見たことがあるはずです。

他にも電気・機械部品の組み立て、食品や化粧品の工場など様々なところで幅広く活躍しています。

これらのロボットは場所が固定されており、作業もパターン化していますが、物流倉庫でのピッキング作業は複雑です。商品を棚から探し出すにしても、商品の重さ、形やサイズなど色々あり、日々商品が入荷されて、運び込まれる場所もまちまちになったりします。
そのような広い倉庫から対象の商品を探し出し、1個ずつ取り出すという作業は自動化するのが難しいのです。

物流倉庫の課題と問題の解決

倉庫

物流倉庫の課題として人手不足が今なお深刻な問題となっています。

入荷→保管→在庫管理→ピッキング→梱包→出荷という各部門の作業においての自動化(ロボット化)を進め、無人化を図って行くのが問題解決の近道なのです。

今、注目のピッキングロボットはAmazon社「Amazon Robotics(Kiva Systems)」です。
作業員は定位置に待機し、ロボットがそこに指定商品の入った棚ごと運んでくるといったものです。
作業員はピッキングのために棚まで歩いていく必要がなくなるので、作業負担の軽減とミスのないピッキングが可能となります。

物流現場の生産性・品質をUP!人とロボットが手がける物流現場>>

ピッキングロボット導入についてのメリットとデメリット

メリット・デメリット

まずピッキングロボット導入のメリットとしては、作業精度が良く、ミスが少ないので作業の質を一定に保てることでしょう。

さらに人手に比べると作業効率が良く、重いものを運ぶなど過酷な環境、危険な環境での作業も可能であることと、熟練者を単純作業に回すことが無くなるので、作業の割り当てが効率的になります。
何よりもロボットなので、文句も言わずにプログラム通りに動いてくれるので、残業が無くなり、人件費を安くすることができます。
デメリットとしてまずは導入費用が高額であることと、人手作業よりも広範囲のスペースを必要とする場合があります
他には、誤作動や故障の時の対応に正しい知識を持った者が必要となるといった事などが挙げられます。

まとめ

省人化、効率性、正確性やコスト低減によるいろいろな面でメリットが最大化され、ますます進む自動化。
これからの物流に求められている全行程の無人化、無人倉庫で自動運転による無人配送という事もそう遠い未来ではないようです。

ロボット×人が手がける物流>>

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録