学べる倉庫見学会開催中!

ゲートアソートシステム(GAS)とは


GASとは、マテリアルハンドリングであるゲートアソートシステム(Gate Assort System)の略称です。
ゲートアソートシステムは、仕分け対象の商品をバーコードスキャンすると
その商品に対応した間口のゲートが自動開閉し、完了ボタンを押すまで次の商品をスキャンできないので1点1点間違えることなく仕分けることが出来る仕組みです。
例えば36件分の注文をまとめてピッキングしてきても仕分け出来るので、GASは歩数削減に有効なマテリアルハンドリングと言えます。

ゲートアソートシステム(GAS)とは

Gate Assort Systemの略で、ゲートアソートシステムのことを指します。
ピッキングで集められた商品を仕分けする時に、バーコードを作業員が読み取るとコンピュータ制御によって仕分けボックスの自動開閉ゲートが一つだけ開き、そこにデジタル表示機に示された個数を投入し、足元のスイッチでゲートを閉じれば合図とともに仕分けが完了するシステムになります。

GASのメリット・デメリット

・メッリト
1回の投入で1箇所しかゲートが開かないので誤投入が防げる。
◯物量に合わせてボックスの移設や増設が容易なので、大掛かりな工事が不要である。
◯投入が完了すると完了の合図が鳴る機種もあるので聴覚的にミスを防ぐことができる。

・デメリット
◯投入が1コンテナごとになるので大掛かりなピッキングには不向き。
◯設置に場所を取るため作業の通路を広く取る必要がある。

DAS物流との違い

DAS物流との大きな違いとしては、商品を投入する仕分先間口に、ゲートがついおり、扉で制御することが可能になることです。
商品を投入するゲートが、開閉するので投入ミスを防ぐことができ、1つの商品に対して1つのゲートしか開かない為、検品を兼ねた仕分けをすることが出来ます。

DAS(デジタルアソートシステム)について、詳しくはこちら

まとめ

今回は、GASを使用した物流についてご紹介してきました。
以下、今回のポイントになります。
・まとめてピッキングしても仕分けが出来るので、GASは歩数削減に有効なマテリアルハンドリングと言える。
・GASのシステムでは、検品を兼ねた仕分けが出来る。
・DAS物流との違いは、仕分け間口にゲートがついており、商品の投入ミスを防げる。

システム化が進む物流業界で、効率よく作業を行い、生産性を高める為にも、自社にあった物流ロボットを導入し、作業の改善を図ってみてはどうでしょうか?

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録