戻る

あってはならない事故「残荷」を未然に防ぐルール

物流アウトソーシング(3PL)を行なっている弊社では
出荷終了後必ず残荷チェックを行っています。

残荷とは、本日出荷すべき商品を
輸送業者に引き渡すことができておらず
倉庫に残っていることを指します。

お客様のお荷物を預かっている物流アウトソーシング(3PL)の物流現場では
残荷は絶対にあってはならないことです。

今回はこれらを絶対に起こさないための残荷チェックについて弊社が取り組んでいる
4つのノウハウをご紹介させていただきます。

①場所と人を決める
1日の出荷作業が終了し、全ての荷物を輸送業者に引き渡したら
場所と人を決めて商品棚や梱包台、その日作業した箇所を
徹底的にチェックします。

②指差し確認
電車の駅員さんは絶対に事故を起こさないために指差し確認を行なっています。
私達もお客様のお荷物を預かっている以上、
残荷という物流事故は絶対に起こしてはいけません。
なので、必ず指差し確認でチェックを行います。

 

③残荷はあると思ってやる
大体の作業ミスの原因は、
「自分はミスをしなくなったしもう大丈夫」という思い込みが多いです。
なので、チェックの時は気を緩めずに行うことを
全従業員に言い渡しています。

④チェックリストを使う
残荷チェックの指示をしても誰にどこを見てもらったか分からない…
管理表を作っても今日のものか分からない…
なんてことが起きないように、
チェックリストを使用します。
弊社では自社開発のチェックリストシステム「アニー」を使用しております。

↑チェックリストシステム「アニー」

弊社の物流改善ノウハウやチェックリスト「アニー」について詳しいお話は
弊社開催のセミナー「学べる倉庫見学会」や他セミナーにてお伝えしております。

もし興味を持っていただけたら、ぜひお越しください。

↓お申し込みは下のバナーをクリックしてください↓

 


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録