戻る

物流現場が開発したWMS(倉庫管理システム)が支持される理由は、3つの物流ノウハウにあった!

今日は株式会社関通がプロデュースし
販売している在庫管理システム「トーマス」と通じ、
物流改善に大切なことをお話させていただきます。

まず、関通が物流現場に、『システム導入』をしたのは、
遡ると、かれこれ20年以上前になります。
その後、様々なシステム変更や乗り換え、改善を経て、
現在は自社開発したWMSを使用しています。

システムは変えながらも、
関通には『システム導入』『システム化』について、
ずっと変わらない方針があります。

それは、
『いいシステムを構築する』がゴールでは、ない。
ということです。

このWMS『トーマス』は、したからこそ、「現場のノウハウ」を非常に詰めることができました。

どんなノウハウが詰まっているのか?
大きくはこの3つです。

≪WMS「トーマス」の根本にある 3つのノウハウ≫
【簡単】道具の使い方も導入も、簡単であること。
【迷わない探さない】正解はひとつ。複数の理解を生まないこと。
【判断しない】使う人の判断・思い込みが入らないこと。

これはどういう意味かというと、
【使う人にとって、仕事が簡単か?】
という意味です。

物流現場で働かれている人が、作業中に
「探さない」
「迷わない」
「判断させない」
このような状態であれば、品質も生産性も上がると思いませんか?

逆に言うと
「探す」⇒物流倉庫で商品を探し回る
「迷う」⇒どの商品が正しいか分からず、迷い、考える
「判断する」⇒判断できるAさんに仕事が貼り付く

といった具体に、物流の生産性や品質が
どんどん落ちることになりかねません。

だからこそ、
ただ現場にシステムをインストールするだけではなく、
導入支援などで「人が簡単に使える」環境をご提供しています。

WMS(トーマス)をご利用いただくお客様に
私はちはただ、システムを販売するだけのことはいたしません。

なぜならば、いくら現場にシステムをインストールし、稼働が開始しても、それはゴールではないからです。

導入された物流現場で従業員の方が使いやすいこと。
その結果、お客様の物流課題が解決されることがゴールです。

そのために重要としているのが、『使う人』目線。
もっと言えば、その先の『お客様』目線です。

このシステムを使って作業した、
その先のお客様のご要望やお悩みを解決できるのか?
そして、それが簡単にできて実現が可能か?

そのように考えてできたシステムや機能が、
一番いいシステムだと、考えています。

とくに物流というお仕事は、
倉庫内から商品が出る前も、
お届けのラストワンマイルも、
『人の手』を渡っていくお仕事です。

人の作業をより効率よくするためのシステム。

働く人目線を、大切に。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録