物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

「KANTSU」×「BizRobo!」の連携による RPA作成代行サービス「ippo!(イッポ!)」の提供開始

ippo!

株式会社関通は、
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ベーステクノロジーを提供する
RPAテクノロジーズ株式会社が提供するRPA ツール「BizRobo!」と連携し、
RPA作成代行サービス「ippo!(イッポ!)」の開発・提供を開始いたしました。

ippo!は、RPAを導入検討している企業様・RPAを導入したけど上手く使えていない企業様の
RPA作成代行を行うサービスとなっております。

今回は「ippo!」リリースまでの経緯をお伝えいたします。

「ippo!」とは

「ippo!」とは、RPA作成の代行、業務の自動化を支援するサービスとなっております。

「ippo!」は、
・RPAの開発をできる人が社内にいないが、自動化できそうなルーティン業務が沢山ある。
・業務効率化のため、RPA を導入したけど使えていない。
・RPAの時短効果を、とにかく早く獲得したい。

などといった、RPAを導入検討している企業様・RPAを導入したけど上手く使えていない企業様の
サポートを行います。

ippo!については、下記リンクからもご覧いただけます▼
https://www.kantsu.com/common/pdf/ippo!.pdf?utm_source=story

「ippo!」誕生の背景

ippo!誕生秘話|企業が課題とする問題

近年では、働き方改革が推進され、短時間で高い成果を上げるための業務の効率化は、
どの企業にとっても大きな課題とされています。

特に、毎日ルーティンで発生する事務作業は、チェックに時間がかかってしまい、
人の手によって行われる作業ミスは避けられないとされています。

そこで、RPA で自動化すべき業務の成功事例を多数持つ株式会社関通と
物流業界でも多数の導入実績があるBizRobo!が連携し、
RPA作成の代行、業務の自動化を支援する「ippo!(イッポ!)」の開発を行いました。

「ippo!」の特徴

ippo1特徴|13000件以上の成功実績

株式会社関通は、事務所・現場で日々発生する事務作業を自動化するため2020年4月より
「BizRobo! Basic」を導入し、導入時期より月間5,000時間の業務効率化を達成するなど、
以降もRPA自動化ロボ開発実績が13,000件以上と、成功実績が多くあります。

「ippo!」で実現できること

ippo!で実現できること

ippo!を導入することで、「事務作業の時間削減」「別作業への補填」を実現することができます。

【①事務作業の時間削減】
今まで人の目でチェックしていた作業をRPAを使い、チェックの自動化を行うことで、
チェックにかかる時間と人の手による作業時間が削減されます。

株式会社関通では、様々な事務作業をRPAにより自動化しています。

例えば、総務部・人事部の作業で発生する「給与確定前での総残業時間チェック」や「休日出勤チェック」では、
RPAの仕組みを取り入れることにより、自動でチェックされた記録がデータ化されアップロードしてくれる仕組みを
取り入れました。
そのことにより、給与確定前での総残業時間チェックでは7.5時間/月の削減、休日出勤チェックでは5時間/月の削減に成功しました。

また、総務部の作業以外に経理部の作業で毎月発生する
「各銀行の入出金明細」や「給与明細の出力」などもRPAの仕組みを使い自動化することで、
各銀行の入出金明細業務であれば1時間/ 月の削減
給与明細の出力作業であれば2.5時間/月の時間削減に成功しました。

このように、人の目によるチェックと人の手による作業を自動化することで、
様々な事務作業にかかる時間を削減することができます。

 

【②別作業への人員補填】
RPAによる自動化は現場での人員配置などにも役立ちます。
例えば、物流現場で日々発生する送り状の発行です。
関通が開発・販売を行うクラウドトーマス(WMS)とRPAを連携することで、
出荷指示データの取り込みから引当、帳票印刷、必要なデータの出力を自動で行い、
人の手をかえすことなく自動でプリンターから帳票が発行されデータが出力される仕組みで
物流事務の作業効率化を実現いたしました。

帳票発行以外にも、完了報告データ、入荷データ取込など今まで人の手によって入力・出力していた情報を
BizRobo!と連携をすることで、業務プロセスを大幅に改善することが可能になります。

このように、事務作業を自動化することで、
今ままで事務作業にあてていた時間・人員を現場作業にあてることができ、生産性のアップに繋がります。

ippo!(イッポ!)による物流改善事例はこちらhttps://rpa-technologies.com/thomas_and_bizrobo/

今後の展開

今後は、RPAを導入検討している企業・RPAを導入したけど上手く使えていない企業様へ、
この「ippo!(イッポ!)」を通して、導入効果をよりスムーズに提供・業務自動化のサポートを行っていきます。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録