関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

冷凍冷蔵倉庫の拡張工事が完了!保管坪数およそ2倍に

冷凍冷蔵の通販事業の需要が高まる中、
株式会社関通では、9月3日に東大阪市にある物流拠点の主管センター(5階建て延べ床面積:2,900坪)にて、5月より進めていた冷凍冷蔵倉庫の拡張工事を完了、1階を冷凍冷蔵専用フロアとしての運用を開始しました。

今回は、冷凍冷蔵の拡張に至るまでをお話しさせていただきます。

コロナ禍による巣ごもり、新しい生活様式の提唱

コロナ禍による巣ごもり、新しい生活様式の提唱|株式会社関通

2020年2月ごろから本格的に流行の兆しを見せた新型コロナウイルス。
2020年4月7日には、行政が緊急事態宣言を発令、
それと合わせて提唱した「新しい生活様式」がありました。

これにより、一気に在宅化が進むことになりました。

 

ECが生活の一部となり始める

ECが生活の一部となりはじめる

新しい生活様式の中に「通販の利用」が記載されていることもあり、
Amazonや楽天市場での、買い物が急増しました。
これにより、EC業界で一気に巣ごもり需要が進みました。

 

冷凍食品の需要が上昇

冷凍食品の需要が上昇|株式会社関通

その中で、特に需要があったのが「冷凍食品」です。
出前やデリバリーと合わせて、冷凍食品も注目されることになったのです。

EC業界の巣ごもり需要と冷凍食品の注目で、
食品ECが一気に注目されることとなりました。

 

需要増に対する冷凍倉庫の少なさという問題点

需要増に対する冷凍倉庫の少なさという問題点|株式会社関通

しかし、問題点がありました。
冷凍倉庫の少なさです。

関通でも冷凍倉庫はあり、冷凍食品向けの物流サービスは提供していました。
しかし、当初はどこも満床状態で、お問い合わせなどはありましたが、
引くことを余儀なくされていました。

 

スピードでの増床の決定

スピードでの増床の決定|株式会社関通

コロナ禍による冷凍倉庫の需要増を受け、弊社としてもこのニーズに対して応えるべきと考え、当時主管センターに設けられている冷凍倉庫130坪を300坪に増床・拡張を決定致しました。

<<下記はそのプレスリリースになります▼>>
冷凍冷蔵 EC・通販事業者様への緊急対応 「冷凍冷蔵倉庫の拡張」を決定 商談の受付を開始

 

これからの関通の取り組み

これからの関通の取り組み|株式会社関通

関通では、現在物流現場のロボティクス化を進めています。
現在では兵庫県尼崎市にある関西主管センターにて、AMRのシリウスの稼働、
AGVのインビアロボティクスの導入を進めており、その他にも自動梱包機PalSや
ゲートアソートシステムのGASも稼働しております。

今後関通は、冷凍倉庫という過酷な環境下でさらなる生産性向上に向け、
このようなロボティクスの導入を検討しております。

「冷凍・冷蔵」配送センター代行サービスについてはこちら

 


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録