物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する

生産管理とは|生産管理の目的と課題


生産管理とは

生産管理とは、製造業での物資調達、設備や人員配置、
納期までの計画を実行するための管理のことを指します

つまり、経営計画に従って
生産計画、生産組織、生産統制を実行する
総合的な管理活動のことを生産管理といいます

また、この三つのが揃って生産管理なので
一つでも足りない場合、
部分管理となります

みなさんは、生産管理の目的や
生産管理に関連する業務をご存じでしょうか?

今回は生産管理の目的、課題、生産管理に関連する業務について紹介していきます。

生産管理の目的

生産管理の目的

生産管理の目的は以下になります。

1、要求される品質の商品を生産すること
2、要求される時期に生産すること
3、要求される数量を生産すること
4、以上三つのことを効率的に管理すること

必要と生産の最適化、QCDQuality 品質、Cost コスト、Deadline 納期
改善をすることが生産管理の主な目的です。

生産管理の課題

生産管理の課題

生産管理の課題は主に四つあります

1、生産時の計画
2、資材調達と購買
3、工程の管理
4、品質の管理

生産していくにはまず計画を立てる必要があります
様々な業務があるため、時間がかかりますので、
早急に対応することができません。

在庫が少なくなってしまうと生産が追いつけなくなります。
納期に遅れてしまい、在庫が多くなるとコストの問題が起こります。
この二つの問題にならないため、
在庫数を十分保管し、管理することも大事です。

作業人員のスキル把握と作業配置が重要です。
効率よく生産するため、
古株と新人の配置やスキルを考えることが必要です。
また、新人教育も考えなくてはいけません。

品質チェックするとき、不良品があった場合、
問題を解決することが必要です。
問題を見つけ出す時間や人員、
システムデータで問題を解析します。

生産管理に関連する業務

生産管理に関連する業務

生産管理に関連する業務の五つを説明します。

1、生産計画
2、購買管理
3、工程管理
4、在庫管理
5、原価管理

生産管理は、需要や受注状況の把握、
製品の種類・数量・時期、
生産に必要な原材料や部品の調達、
生産での機械や人員の投入計画などの業務です。

購買管理は五つの原則に従って、購買を適切に管理します。
購買管理の五つの原則

1、適切な取引先を選ぶ
2、品質を確保
3、数量の設定、確保
4、納期の設定、確保
5、価格の決定、履行

自社生産には資源を確保することは難しいです。
材料や部品などの提供は委託することが多いです。
そのため、会社のQCDを実現できる取引先を選定、
関係性を強化することが重要です。

工程管理は生産作業を分類化・構造化した工程を、
効率的に計画して、運営する

在庫管理とは、資材や商品など、必要な量を、
必要な場所へ、必要なときに供給できるように
企業にあった水準で維持するための活動を言います。

在庫管理を詳しく知りたい方はこちら

原価管理は生産するために必要なコストを分類、
評価、目標を設定や実績を比較して、分析して、
利益をかぜんします

まとめ

今回は生産管理について説明させていただきました。
生産管理とは、製造業での物資調達、設備や人員配置
納期までの計画を実行するための管理のことを指します

まずは現場を知り、適切なシステムを導入することで
生産管理に対する課題を解決していきましょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

この記事を書いた著者について

物流研究室

物流研究室

物流研究室では、物流の基礎や改善のノウハウや情報などを物流改善ブログだけでなく、様々なコンテンツにて配信しております。
メールマガジンはもちろん、Youtubeでも当研究員が動画を配信しております!ぜひそちらもチェックしてみてください!!

公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」はコチラ

「関通公式メールマガジン」登録