物流現場の業務効率を上げコスト削減。「ムダとり」活動

物流アウトソーシング(3PL)の関通では「ムダ取り活動」に力をいれています。

ムダ取りとは
物流センターの作業の生産性向上、
コスト削減・お客様出荷増への対応力を目的に行っています。

日々業務の中でもっと効率化できるところはないか
改善できることはないか
知恵を出し合い、手数を減らせる改善を行います。
改善を繰り返し行い、生産性をあげ、お客様出荷増への対応力を伸ばすためです。

毎週月曜日と金曜日の12:45-13:00には
ムダとり勉強会を開催し、
「ムダ取り」を仕事の一つとして、活動しています。

ScreenClip

物流センターで現在従業員が行っている作業、やり方には
これが最高ということはありません。

・停滞した作業はないか
・ムダな動作はないか
・もっと歩数は減らせないか
など約40個ほどの視点を持ち、物流センターの作業を見直します。

そして生産性を上げ、お客様出荷増への対応力を伸ばしていきます。
また、そのムダ取り活動
生産性を一番上げた金額が多いチームが、
半年に1度、表彰されるようになっています。
このように表彰制度を設けることで
頑張る理由、モチベーションアップに繋がっていきます。

ある現場では生産性が6か月で2倍になった現場もあります。

社外の皆様向けにも
ムダ取り勉強会も開催いたします。
気になられたお客様は是非お気軽に
お問い合わせくださいませ。

受付先:0800-555-0500(営業部)
受付 月~土 9:00~17:30


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録