物流現場で商品紛失・異物混入を防ぐ手法。「定位置管理」で物流現場が変わる

みなさんの会社ではこのようなことは、
よくありませんか?

「ここに置いてあったはずの商品がない!」
「商品お届けした際に、荷物に混入が発覚」
「せっかく会社の経費で買った物品が、気付けば全てなくなっている。」

この原因は全て「置き場」に起因しています。
物の置き場所、環境整備できていない物流センターではよくある事例のです。

是非ベンチマークしていただき
真似いただくことで
効果の出る方法をお伝えしたいと思います。

物流アウトソーシング(3PL)の関通では

①置き場所を決める
②見える場所に置く
③担当者の名前をつける
④使用中であることが分かるようにする
⑤全て戻っていることをチェックする仕組みをつくる

ということを行っています。

20140710_1194737

特に、④を分かるようにするには
「使用中」です。と表示しておくことが大切です。

*よくレンタル店にいくと
「この商品はレンタル中です」と書かれてあったりしますね。

さらに⑤の全員が戻ったか分かる仕組みは
後片付けのチェックリストを使ってください。
出荷後の物流現場の後片付けは
翌日の作業効率に繋がってきます。

物流担当でチェック者を決め
「備品は全て定位置に返却されている」と
いう項目をチェックできれば完璧です。

備品紛失は物流現場にとって大きなダメージです。
商品紛失はクレームにつながり更に大きなダメージです。
事故予防に、是非実施してみてください。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録