学べる倉庫見学会開催中!

物流倉庫とは|物流倉庫の種類や業務などわかりやすく解説


物流倉庫とは、商品が生産者から消費者の手に渡るまでの過程のうち、
仕分けや配送を行う施設を言います。
物流倉庫の主なサービスは単に商品を預かるだけではなく入庫・棚入れ・保管・流通加工・出庫といった内容が主なものです。

物流倉庫はかつては商品の貯蔵、保管のみを目的とした「倉庫」を指していましたが現在ではシステム化され、より効率的でより効果的な在庫管理や商品の管理、配送など多岐にわたるサービスを提供しています。

▼こちらの記事も合わせてご覧ください!

物流とは?|物流とロジスティクスの違い

物流倉庫とは

物流倉庫の役割

物流倉庫の役割

かつては自社の製品は自社で保管・管理し、自社で配送まで行っていましたが、倉庫を所有していると施設の維持費や光熱費、人件費などが掛かってきます。
さらに盗難から商品を守るセキュリティの経費負担が大変な負担となっていました。

そこで物流倉庫の会社がこういった一連の作業を請負い、システムを備え迅速かつ正確な業務を提供することで時間と経費の負担軽減を実現することが可能となったのです。

物流倉庫の主な業務

物流倉庫の主な業務

物流倉庫はただ単に商品を預かって保管というだけではなく、預かった商品をお客様のもとへ正しく安全にお届けするまでの過程を執り行っております。主な業務としましては以下のとおりです。

●入庫

入庫

お客様より預かった商品の特性に合った保管場所へ品質を保てるように保管場所へ置きます。在庫や商品の日付などの管理も行います。

●検品

検品

この入庫の時に、商品に破損やキズなどの異常がないかの検査も行います。

●流通加工

流通加工

流通過程でのお客様のニーズに合わせた加工を行うことで、アソート・値札つけ・詰め合わせ・ラベル貼りなどの加工を指します。

●ピッキング

ピッキング

帳票や指示書に従ってバーコードから読み取った商品を指示された数量に従って取り出します。

●仕分け

仕分け

ピッキングで取り出した商品をお客様ごとに選り分けます。

●梱包

梱包

選り分けられた商品ごとに合った商材で商品を梱包します。割れやすいものは緩衝材を入れたりします。

●出庫

出庫

商品の数に間違いがないか確認し、地域別に仕分けを行って、商品を送り出します。

この一連の業務を経てお客様のもとへと商品が届けられていきます。
この中の工程一つとして抜けては正しく安全な商品のお届けが実現できないのです。

物流倉庫を活用することのメリット

物流倉庫活用のメリット

まず物流倉庫を活用することのメリットの一つはコストダウン(経費削減)があげられます。
企業が取り扱う商品は量の多い少ないに関わらず、どこかの施設に保管をしなければなりません。
自社で倉庫を用意するとなると倉庫を手に入れるための費用がかかってきますし、空いたスペースに保管するとしても在庫を管理するためのスタッフを雇う人件費がかかってきます。
物流倉庫を利用した場合でも費用はかかりますが、自社で倉庫を持つ費用を考えれば、倉庫管理の仕事を専門とする業者に委託したほうが無駄なコストを大幅に削減することができます。

次にあげられるのが業務の合理化です。自社倉庫の場合、倉庫の容量に限界が出てきます。
商品がいっぱいになると整理しなければならなかったり、新しい倉庫を借りて商品を移し替えたりと大変な手間がかかってしまいます。
更に発注から発送までの作業も忘れてはなりません。
こういった一連の作業も物流を専門に扱ってっている物流倉庫業者に委託すれば
スピーディーなサービスを確実にお届けすることが可能となり、顧客サービスの向上を図れるのです。

まとめ

めまぐるしく進化し続ける物流倉庫はただ単に商品を保管し、発送するだけの施設では無くなってきています。
業績UPのためには物流にかかるコストをいかに削減するかが重要になってきます。
無駄な手間や時間を削減し、スピーディーなサービスを提供することがお客様の満足度UPに繋がります。
在庫管理から仕分け、梱包、発送のサービスを一手に引き受けてくれる物流のアウトソーシングは
頼れるビジネスパートナーと言えるでしょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録