関通公式Youtubeチャンネル「物流改善教室」

物流ロボット市場とは?|今後の展開や導入における視点について


物流ロボットの市場は、現在、飛躍的な変化を遂げています。
人手不足に悩ませられる物流市場は、物流ロボットの力を借りて、さらなる効率化に向けて動いています。
物流ロボットを市場へ導入する目的は、ロボットを入れるから作業が楽になる、
だけではなく、
人手が足りない状況(集荷時間に間に合わない・セール等)時に
簡単に人員の確保ができない部分でロボットが対応してくれるということに
なります。
今後、物流市場は物流ロボットの力を借りて、新しい物流現場へと変化していくでしょう。
今回は、そんな物流ロボット市場について説明致します。

物流ロボット市場とは


2020年の物流業界は大きく変わろうとしています。
物流ロボットは、商品配送から倉庫内の業務サポート、自動化と、導入が進んでいます。
今後も物流ロボットの需要が伸びていくことでしょう。
物流ロボットを実装することは、全体的なプロセスコストの削減、
生産性の向上、安全性の向上、人的ミスの削減において重要な役割を果たします。
また、2027年には、市場規模は約3兆円にもなると言われております。
物流=労働というイメージが崩れ、新しい物流現場へと益々変化していきます。

物流ロボットとは


物流ロボットとは、輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった作業を
自動で行ってくれるロボットをさします。
物流ロボットは、自動で作業を行う機械なので
現場内での作業効率が上がります。
様々な場面で活躍してくれる物流ロボットは物流現場において
高い需要があります。

物流ロボットについて詳しくはこちら

物流ロボットを使用するメリットとは


物流ロボットを現場に導入するメリットをご紹介します。
・生産性向上
ロボットの稼働は24時間365日可能です。
夜中や休みの日でも対応が出来るので、生産性が向上します。
・人手不足の解消
人手不足に悩ませられる物流現場では、最大の悩みだと思います。
ですが、ロボットを導入することで人手不足が解消されます。
また、今まで作業者が苦労していた、重労働であったり、細かな作業をロボットに任すことで、作業者も安心して他の作業に取り組むことが出来るのです。

まとめ

2020年現在、人手不足に悩ませられる物流市場は、
物流ロボットの力を借りて、さらなる効率化に向けて変化をしています。
物流ロボットを導入することで、現場内の課題である
作業者の人手確保や作業の効率化をあげることができます。
物流ロボットだけに頼るのではなく、人とロボットが協力して
新しい物流現場へと変化していくでしょう。

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録