物流センターでの改善方法 「表示の活用」

物流アウトソーシングの関通では、
アパレル・化粧品・大型商品・冷凍食品など
多種多様な商品をお預かりさせていただいております。

その為、作業者がピッキング作業を行う際迷わないように
工夫や改善をたくさん行っております。

今回ご紹介させていただくのは
「表示の活用」です。

関通の現場では作業をする上で
様々な表示を作成しおります。

IMG_7949

この表示は、当社の在庫管理システム(WMS)で使用している
ハンディ―ターミナルの操作方法を記したものです。
作業者はこの表示を確認し、その通りボタンを押すことで
簡単に作業ができるようになります。

他にも本日ご紹介している物流現場では
ヤマト運輸と佐川急便の二つの輸送会社の出荷物を取り扱いしております。
IMG_7938
置き間違えがないように明確に輸送会社様のお名前を表示物に記しております。
そうすることで、正しく出荷物を輸送会社様に引き渡しすることができます。

他にも様々な表示を活用して「見える化」を行い、
従業員が物流作業をしやすい環境を構築しております。

これからもたくさんの表示を活用し
物流改善をしております。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録