物流センターでのロケーション改善方法 「細分化」

物流アウトソーシングの関通では、
アパレル・化粧品・大型商品・冷凍食品など
多種多様な商品をお預かりさせていただいております。

その為、作業者がピッキング作業を行う際、
迷わないように
工夫や改善をたくさん行っております。

今回ご紹介させていただくのは
「ロケーションの細分化」です。

ロケーション管理とは、商品をどこに保管しているか明確にする為の住所のようなものです。

商品の数が多いと、1つのロケーションの中に数種類の商品を保管してある場合もございます。

その例がこちらになります。

IMG_0061

このように、
1つのロケーションに数種類の商品を保管してあると
どの商品に出荷指示がかかっているのか迷ってしまいます。

その迷いは、
このようにロケーションを細分化することで無くすことができます。

IMG_0062

この様にロケーションを細分化する事で、
物流センターの作業者は、どの商品に出荷指示がかかっているのか
迷わなくなりました。

これからも物流改善を重ねて、生産性向上を努めます。


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録