物流のプロが教える改善ノウハウ

ブログやYoutubeの更新情報やセミナーの告知など、
物流に関する情報を1〜2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

登録する
        

物流アウトソーシングとは|物流アウトソーシングを利用するメリットやデメリットをご紹介


物流アウトソーシングとは物流アウトソーシングとは、物流業務を外部へ委託することです。
物流アウトソーシングを専門のプロフェッショナルに委託することで、
「人手不足」「販売機会の損失」「保管スペースの確保」といった悩みが解決
され、より高い品質でサービスを提供することが可能になります。
物流アウトソーシングを行うことで、これまで忙しくて出来なかった業務にも
集中ができ、作業の効率化にも繋がります。
今回は、物流アウトソーシングを利用するメリットやデメリットについて詳しく
ご紹介します。

関通の物流アウトソーシングサービスについてはこちら

物流アウトソーシングとは

物流アウトソーシングについて
物流業務を外部へ委託することです。
物流のプロにおまかせすることで、「人手不足」「出荷件数の拡大」「保管スペースの確保」といった自社では対応しきれなかった悩みを解決することが出来ます。
また、物流アウトソーシングを利用することで、物流業務全般を委託することができます。

物流アウトソーシングのメリットとは

物流アウトソーシングのメリットについて
物流アウトソーシングのメリットは、大きく3つございます。

コスト削減

コスト削減出来ることです。
一般的に、物流コストは、
「輸送費」「保管費」「荷役費」「梱包費」「人件費」などがかかります。
アウトソーシングすることにより、固定費を下げることができます。
また、物流にかかるコストを明確にでき、そのデータをアウトソーシング先の会社が管理するので、自社での細かい支出の管理が不要になります。

業務効率化

自社で対応出来る最大出荷件数も、アウトソーシングすることにより
更に伸ばすことが可能になります。これは大きな販売拡大に繋がります。
物量に耐えられる人材や物流オペレーションといった環境が整っている委託会社を
選べば、出荷量が増加しても、在庫さえ確保しておけば、
お客様をお待たせさせることなく、商品を届けることが出来るのです。

また、今まで物流業務で追われて出来なかった、新商品の開発や、マーケティング、
コンテンツ制作といった物流以外のコア業務に集中して取り組むことが出来ます。

品質向上

配送品質が向上します。
自社で対応となると、時間や人員が限られた中で、正確かつスピード対応を求められます。取り扱い商品の数や種類が増えるにつれ、対応遅延や出荷ミスなどに繋がってしまいます。
しかし、物流のプロに任せることで、ピッキングや、梱包作業を
丁寧かつスピーディーに対応が出来るので、より高品質な状態でお客様へお荷物をお届けすることが出来ます。
もちろん、繁忙期にも対応出来る力を持っています。
これにより、顧客満足度やリピーターにも繋がり、新たな売上向上が見込まれます。

物流アウトソーシングのデメリットとは

物流 アウトソーシングのデメリットについて

対応力の柔軟さに欠ける

今まで自社で対応出来ていたことが、アウトソーシングすることにより出来なくなる場合があります。
もし、出来たとしてもそこに高い金額が発生してしまう可能性があります。
お客様の要望に簡単に答えづらくなってしまい、リピーターのお客様からは
逆にクレームをもらってしまいかねません。

すべてを委託出来るとは限らない

委託先業者にもよりますが、物流アウトソーシングで
全ての物流業務を委託できるとは限りません。
注文を受けてからの受注処理業務や、出荷データの作成などは自社で対応しなければならず、結局、物流業務にも人員が必要になってしまいます。

関通のECサイト受注処理代行サービスについて詳しくはこちら

業者選定の難しさ

EC事業の拡大により、委託先の業者も増えてきました。
自社にあった最適な委託先を見つけることが難しいのがデメリットの一つです。
自社で取り扱っている商品や、規模によって選定基準が異なってきます。
物流コストを下げるけど、品質も低くなってしまったり、高品質だけど、その分割高になってしまったりと、どこに基準を当てて、業者を探すかがポイントとなります。

物流アウトソーシングの種類とは

物流 アウトソーシングの種類について
物流アウトソーシングには、2種類のアウトソーシング方法がございます。

定額系物流サービス

あらかじめ提供するサービスや価格が決まっているサービスです。
物流倉庫の保管料は、個数×日数で算出され、小規模から始めることが出来るのが特徴です。ただ、決まったサービス以外の対応は出来ないため、融通はききません。

カスタム系物流サービス

自社の目的に応じて、金額を設定するサービスです。
希望の運用方法に合わせたサービスのカスタマイズが可能となります。
ただ、希望が多くなるにつれ、金額や運用が複雑になってしまうので、
比較・検討には時間がかかってしまいます。

物流アウトソーシングの選び方とは

物流 アウトソーシングの選び方について
物流アウトソーシングをする際、沢山ある委託先の中から
自社に最適なサービスを選ぶためのポイントを3点ご紹介します。

物流課題が明確かどうか

なぜアウトソーシングしたいか、アウトソーシングをすることで
解決したい課題を明確にしておくべきです。
決め手となる基準や、課題解決の優先順位もあらかじめ決めておくことで
選定で迷った際も、軸をぶらすことなく、どこが良いか選定できます
自社の課題を把握出来ていないと、現場の混乱を招いてしまい
売上にも影響してしまう可能性があります。

自社の特徴

自社の物流の特徴を抑えることもポイントです。
出荷が多いサイズや通常期・繁忙期・閑散期それぞれの出荷件数や
必要な坪数を事前に確認することで、お見積もりなど出す際に
スムーズにやり取りができます。
委託先に任せすぎると、かえってトラブルを引き起こしてしまいます。
しっかりコミュニケーションの取れる委託先を選びましょう。

委託先の特徴

委託先がどこまでサービスを対応してもらえるか、サービス内容を事前に確認する
ことが大切です。
出来ると思っていたサービスが出来ないといったことを事前に防ぐことが出来ます。
得意・不得意があるので、委託先の強みや、弱点も知ることで選定のポイントになるでしょう。
また、見積内容が明確かどうかや、トラブルやイレギュラーが発生した際に、しっかりフォローをしてもらえるかどうかといった、サポート体制の確認も重要です。

関通の物流アウトソーシングサービスについて詳しくはこちら

まとめ

今回は、物流アウトソーシングのメリットとデメリットについてご紹介しました。
アウトソーシングすることだけが全てではありません。
自社の物流課題や経営状況、将来的にどうするかといったことを踏まえて、
御社にとって一番ベストな方法を選択してください。

アウトソーシングすることによるメリット・デメリットはもちろんございますが
もし、アウトソーシングすることを少しでも検討している場合は、
早い段階で行うことをおすすめします。
そうすることで、事業の成長がより早く進みます。

関通の物流アウトソーシングサービスでは、お客様の成長や波動に合わせた対応
出来ますので、アウトソーシングにお悩みの企業様は、ぜひご相談ください!

物流に関するお問い合わせはこちら
▼関通の物流アウトソーシングサービスについて詳しはこちらよりご覧ください。
配送代行ページバナー

年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

今スグ登録

「関通公式メールマガジン」登録