施錠時間を管理すると残業はなくなります!

今回は物流アウトソーシング(3PL)の関通の物流センターで
実施している
残業をなくす取り組みのひとつを
ご紹介させていただきます。

関通では
部署ごとに施錠の予定時間を
毎日発信するルールがあります。

予定時刻-1

 

終わる時間を決めるということで
「早く仕事を終わらせなければいけない」という
意識が高まり、各現場が一丸となり
業務に取りくむことができます。

この取り組みを開始したことで
物流アウトソーシング(3PL)の関通の残業時間は大幅に減りました。

施錠報告

以前は残業が当たり前で
早くても施錠が
20~21時ほどでした。

しかしこの取り組みをはじめたことで
今ではほとんどが
19時には業務を完了させられるように
なりました。

施錠

 


年間700万個出荷の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、
「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録