戻る

働く人が頑張れる「評価制度」とは

働く人が頑張れる「評価制度」とは

 

本日は物流アウトソーシング(3PL)の関通の評価制度について
ご紹介します。

私たちはひとりひとりに
お世話係をつける教育制度を
採用しております。

 

毎月決められた期間に
ひとり5分間
お世話係と部下が
評価シートに基づき
面談を行っています。

 

DSC_0199

 

評価項目は
・欠席・遅刻日数
・勉強会に参加した回数
・チェックリストを正しく使用したか
・新しくできるようになった仕事の数
・物流アウトソーシング(3PL)の関通のピッキングのルール通り仕事をしたか

などがあります。

 

▼このような物流改善の事例が学べる「学べる倉庫見学会」開催中!詳しくはコチラ。

 

その中で得点の多くを占めるのは
環境整備点検の点数です。

 

tennkenn

 

こちらは環境整備点検の様子です。

 

 

そのため私たちは
毎日取り組んでいる
環境整備活動に力を入れています。

日々の取り組みが評価に大きく影響するのです。

 

また、面談では
部下が良い評価をとるために
上司から一言アドバイスがあります。

そのアドバイスが
部下の励みとなっています。

年間400社500万個の物流を扱う関通が日々現場で蓄積している、「すぐマネできる」改善ノウハウをご紹介しています。

登録

「関通公式メールマガジン」登録